【武藤彩未】80’s×現代J-POP!大人な世界観のシティポップ「今夜のキスで忘れてほしいの」インタビュー!

今回のインタビューは80’sをイメージさせる曲を多く歌う「武藤彩未さん」!
エマリーでは3回目のインタビューになります♪

 



4月29日に25歳の誕生日を迎えた武藤さんが歌うのは
”令和女子に捧ぐ、嫉妬まみれの強がりソング”と題した「今夜のキスで忘れてほしいの」
作曲・編曲はTikTokで270万回以上投稿された#kiminotoriko で話題になった
「summertime」の作曲家、eveningcinemaの原田夏樹さんが担当しました!
武藤彩未さんは25歳になったということで、明るくも大人のイメージの曲に仕上がっています!
それではインタビュースタートです♪

ーー今回の曲について教えてください!

武藤彩未さん(以下、武藤)
私が4月29日で25歳になったので、曲・ビジュアル共に、大人なイメージにしました。
特に、最近シティ・ポップにハマっていて、レコード屋さんで素敵なシティ・ポップを探すことが多く、
私自身もチャレンジしたいと思い、今回の曲の方向性を決めました。

ーー歌詞はどのように書いたのですか?

武藤
友達の恋愛の話をもとに、
元カノの存在への不安を隠して強がっている女の子の気持ちを書こうと思いました。
テイストは80'sなのですが、所どころ、
”夜更まで電話したよね” ”めんどくさいは言わないで”
などカップルの日常と
”LINEのバッジも気付かないフリしたわ” ”ちょっと寝たふりして”
のように気になるけど気にしないふりをする
強がり女子ならではの恋心が描かれている歌詞も入っていて、
女子高生のみんなも共感してもらえると思うのでぜひ聞いてほしいです。
あと、タイトルにも入っているんですけど、
「キス」という言葉は今回初めて使いました。
今まで使ってこなかったのですが、大人っぽさを意識して
これまで以上に強いワードも入れて、「攻めて」いこうと思いました。

ーーいつもより、「キラキラ感」が強い曲ですね。

武藤
今回は、色んな音をぎっしり詰め込んでいます。
これまで生音にこだわっていたのですが、自分自身の幅を広げたいと思いました。
曲自体は、これから夏を迎えるのでさわやかなイメージ、
そしてシティポップのキラキラ感を意識してつくりました。
曲自体はミディアムで聴きやすいサウンドだと思います。

ーー楽曲の中で特に注目してほしい所は?

武藤
80'sの特徴でもあると思うのですが、サビのメロディがキャッチーだと思います。
今って、たくさんの情報がスピーディーに処理されていく時代で、
「たった一瞬でどうみんなに気に入ってもらえるのか?」すごく大事だと思うので、
すぐに覚えてもらえるサビを追求しました。
クラップのサウンドも入っているので、ぜひライブでも楽しんでほしいです。

ーー25歳の抱負について教えてください!

武藤
今はインターネットラジオでパーソナリティをやっていて、
70年代80年代の曲についてひたすら語る番組なんですが、楽しんでお話しできているので、
もっともっと知識をつけて、自分の好きなものを一人でも多くの方に知ってほしいなと思います。

ーー今年のエマリーは、「セルフプロデュース」をテーマに展開していこうとしているのですが、
ご自身が心がけていることは何かありますか?

武藤
アーティストとして私の好きな80'sを極めていくのはもちろんですが、
それ以外の点で言うと、私自身、身長が低く、幼く見られることもあるので、
メイクやファッションについて研究をして、年相応に見せていく努力をしています。
SNSを通じて、低身長でもスタイリッシュに魅せるコーディネートなど、
同じ悩みを持っている子にとって役に立つ情報をどんどん発信していって、
そういう子たちの助けになるような存在を目指していきたいです。

ーー自分らしさに悩む女子高生にひとこと応援メッセージをお願いします。

武藤
自分らしさって、難しいですよね。
でも、悩んで立ち止まってしまうよりは、
毎日楽しく笑顔で過ごしていたら、それだけで魅力あふれる人だと思います。
そうしていくうちに、きっと「これだ!」と思う自分らしさが見つかる日が来ると思うので、
「好きなこと」を大切に、毎日を楽しんでほしいです。

ーー武藤さん、ありがとうございました!!


◆◆◆武藤彩未 新曲情報◆◆◆
2021年4月29日(木)
「今夜のキスで忘れてほしいの」Digital Release

新曲情報はこちら!

武藤彩未Twitter

武藤彩未Instagram

【神回】エマリーのライバル登場!エモミュー編集部に小浜桃奈編集長が殴り込み!?

果たしてこの企画をやってよかったのでしょうか?

知っていますか?
女子中高生のために有益な情報を提供しているエマリーに、
ライバルサイトがあることを・・・。

その名も、Emo!miu(エモミュー)







どうやら女子向けのサイトなんだそうです・・・!

まさにライバル・・・!!
そしてEmo!miuには、人気モデルのくろがねのあさんが所属しているとの情報が。

われらが小浜桃奈編集長、黙ってはいられません。
「JKナンバー1サイトはエマリーに決まっているでしょ!」と意気込み、
Emo!miu編集部に殴り込み(?)をかけました!!

その様子を今回は、編集部視点で余すことなくお伝えします。


Emo!miu編集部に到着した、殺気に満ちあふれる(?)桃奈編集長(楽しそう)。



戦闘態勢(?)で編集部の扉を開けます。

扉をそっとあけると、

なんと、くろがねのあさんが仕事に打ち込んでいるではないですか・・・!!




小浜編集長の殺気を感じるくろがねのあさん。




小浜編集長に気づいたくろがねのあさん・・・!




「じょ、情報が漏洩する・・・!」(と言っているような雰囲気)




二人とも、臨戦態勢です。(楽しそう)
いつ、つかみ合いのケンカになってもおかしくありません(?)。




二人とも、険悪なオーラをだして威嚇しあっています!!
(和気あいあいとしている・・・!)




小浜
おひさしぶりです・・・!私のこと、覚えていますか?

くろがねのあさん(以下、のあ)
覚えてるよ~!久しぶり~!

小浜
うれしいです!ありがとうございます・・・!

さっそく容赦ない言葉の応酬を繰り広げる(?)二人。




小浜
今日はシンデレラフェスにEmo!miuさんもご出演されるということでとても楽しみです!
さっそく、のあくんが参加されているEmo!miuについて色々お話を伺いたいのですが、
Emo!miuってどんなサイトなんですか??



そうなんです。Emo!miuさんは、3月31日(水)に開催される、
シンデレラフェスvol.8オンラインに参加してくださるのです・・・!ありがたい話!!
でも、こんなにも大胆にライバルを紹介していいのでしょうか?

小浜編集長、斬新です。


のあ
Emo!miuは、一昨年からはじまったサイトで、僕は立ち上げ当初から関わっています。
エマリーのように、ファッション・メイク・カルチャー・最新スポットなど幅広く、
女の子のための情報を提供しているサイトですが、

大きく違うのは、男子の目線で紹介しているものが数多く入っている点ですね。

小浜
Emo!miuさんは、「量産型の可愛いだけの女の子には飽きた!」というテーマでやられていますよね?

のあ
そうですね。その一つとして、可愛いではなく、「エモい」を切り口にしていますね。

小浜
心が動くような情報ということでしょうか!素敵ですね。
のあくんは、「新しい」だけの情報は出さないと聞いたのですが。


のあ
新しくても「ありきたり」なものではなくて、
僕が楽しい
と思えるもの、斬新でワクワクするようなものを、僕の企画では紹介しています。
つねに編集部のデスクまわりをうろついて、面白そうな企画には首を突っ込んでいきます、笑。

小浜
私も一緒です、笑。
ところで、のあくんは、カメラマンとしてスナップも撮影されているんですよね?

のあ
サイトにもスナップが載っていますが、Esnapというインスタの写真ですね。
スナップではモデル兼カメラマンとして、僕が自分の撮りたいものをこだわって撮っています。
洋服だけでなくて、雰囲気そのものを演出したいので、
背景や構図にもこだわっています。広告に出てくるような写真を意識しています。

最近スタートして、コロナの影響でまだ数が少ないんですが、
これからどんどん発信していくのでぜひ注目してほしいです。


小浜
のあくんの世界観が随所に生きているんですね。すごいです。
今後の展開がすごく楽しみです。
Emmaryともコラボできたら面白いですよね!!

のあ
面白そうだよね、ぜひやってみよう。


なんか、意気投合している・・・。
意気投合していると見せかけて、小浜編集長、ここで攻撃をしかけるんですね?


小浜
実はお願いがあってきました!のあくんはじめとするEmo!miuのメンバーさんもご出演される
シンデレラフェスで、
「100万人の桜」のプロジェクトをやっているんです。

のあ

どんな企画なの?

小浜
コロナ禍の中で、女子中高生たちも色々な思い出をつくる機会がなくなっていく中で、
ただ何もせず時間が経つのを待っているのではなくて、
自分たちで動き出してみよう、とチームシンデレラでは考えました。

卒業式や入学式が満足にできない人たちもたくさんいる中で、世界中の方の力を借りながら、
100万の桜の花を集めたい!と思って始めました。
100万の桜を咲かせて、全国すべての女子中高生と一緒に、最高の思い出をつくりたいんです。
ぜひ、のあくんも協力していただけませんか!?






さすが編集長!しっかりアピール!!!!
でも、相手はライバル。そんなに簡単にOKするとは・・・。


のあ
いいよ~。ぜひぜひ~。


すぐOKもらえたっっ!!!!


小浜
やった~!!ありがとうございます!!

のあ
こちらこそ。
僕もコロナの影響でステージに立つのが本当に久しぶりなので、
シンデレラフェスも100万人の桜も、一緒に盛り上げていこう~!

小浜
よろしくお願いします!

のあ
Emo!miuもステージでは、僕のデザインしたTシャツを着たモデルも出るので、
楽しみにしてほしいです。あと、ステージ裏でも何かできたら面白いよね。

小浜

楽屋企画・・・!やりたいですね・・・!
今日は、のあくんとお会いできてお話しできてうれしいです!

これからもエマリーと良いライバル関係でいてください、よろしくお願いします。

のあ
よろしく~!お互いに頑張ろう!


ライバル対決になるかと思いきや・・・
意気投合し、強力なタッグを組むことに・・・!!

くろがねのあさん、ありがとうございました!!
最後は、くろがねのあさんにも、桜を描いてもらいました!!
本当に楽しみになってきました!!

くろがねのあさんが活躍するEmo!miu、ぜひチェックしてください★
「シンデレラフェス」「100万人の桜」がますます盛り上がる予感!!
楽しみにしていてください♪♪♪





【Emo!miu】

https://emomiu.jp/

Emo!miu(エモミュー)は
量産型の可愛いだけの女の子には飽きた!
空いた時間に10分だけ読めば気分がアガるをコンセプトに、
毎日“エモい”=(心が揺さぶれれる)ニュースをお届け!

可愛いとは一線を画したエモい情報をピックアップして
配信するイケメンモデル満載のwebマガジン♪



 

 

【Girls²】ジャパニーズSTARなど収録の3nd EP インタビュー!!

JKライターのみさきが、新時代を切り開く次世代ガールズ・パフォーマンスグループ
Girls²(ガールズガールズ)さんへインタビューしてきました!!

 

メンバーの皆さんは、全員中高生!!同世代で活躍されているなんてスゴイですね★

音楽はもちろん、テレビ番組、YouTubeなど幅広く活動しています!!

今回は、新曲についてGirls²の小田柚葉さん、隅谷百花さん、増田來亜さん、山口綺羅さんにお話を伺ってきました!🌿




(写真左から、隅谷百花さん、山口綺羅さん、増田來亜さん、小田柚葉さん)

 

3rd EP「ジャパニーズSTAR」には、NHK Eテレにて放送中のキッズ向けアニメ『ねこねこ日本史』 オープニング&エンディング主題歌が収録されています!!

 さっそくインタビュースタートです🥨

 

みさき
「ジャパニーズSTAR」、「ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜」、「ぐるぐる」の聞きどころはどこですか?

來亜さん(以下、來亜)
アニメ『ねこねこ日本史』は、歴史上の人物に扮する「ねこ」が繰り広げるゆる~い日本史を描いた、子どもから大人まで楽しめる歴史コメディーになっていて、私たちが歌っている曲は、どれも歴史に気軽に触れてもらうためのきっかけになるような、楽しい楽曲になっています!
「ジャパニーズSTAR」は日本の魅力がわかるキーワードをふんだんに取り入れていて、特にサビの繰り返しの歌詞が耳に残るキャッチーな楽曲になっています。

綺羅さん(以下、綺羅)
「ジャパニーズSTAR」は、ねこをモチーフにしたダンスが特徴的なので、ぜひダンスにも注目していただきたいです。合いの手でねこねこ、など入っているところが、すごくかわいいです!

柚葉さん(以下、柚葉)
「ねこねこ日本史おぼえ歌」はラップ口調になっています。私達自身、ラップが初めてだったので大変でしたが、練習を重ねて良いものができたと思うので、たくさんの方に聴いていただきたいです!

百花さん(以下、百花)
「ぐるぐる」は、ねこねこ日本史の前期のオープニング主題歌で、ねこの特徴が歌詞になっている楽曲で、歌詞も面白いので楽しんでもらえると思います!


みさき
「ねこねこ日本史覚え歌」は、アップテンポで歌詞も盛り沢山だと思うのですが、噛まずに上手くコツはなんですか?

百花
歌詞の意味を理解してから読むと、噛まずに歌いやすいと思います!

柚葉
噛まないためには、練習が必要だと思いますが、練習しているうちに歌詞も入ってくるので、楽しみながら日本史を勉強したい人には向いていると思います!


みさき

ダンスをしながら歌うことは難しいと思うのですが、苦戦することなどありますか?

來亜
ライブでは、1時間半とかを通してやると声が出づらくなってしまうので、普段の体力作りが大切だと思います!


みさき
今回の3曲でここが大変だったな、というところはありますか?

百花
「ねこねこ日本史おぼえ歌」は漢字が多いのですが、最初は全然読めなくて・・・。読めてもどこまでがワンフレーズなのかわかりづらかったよね、笑。

柚葉
そうだね。漢字が多いから、意味が分からないまま歌うと厳しい・・・笑。でも、歌えるようになると達成感がありますね!


みさき
2021年になりましたが、新たに挑戦したいことはありますか!?

來亜
グループとしては、色んな人の目にふれる機会を増やして、成長する姿を見せていきたいです!そのためにも、みんなそれぞれ、新しいことにチャレンジしていきたいと思っていて、私は声優業に挑戦したいです!

綺羅
私は、CMやバライティーに出演して、どんどん知名度を上げていきたいです。

柚葉
私も來亜と一緒で、声優に挑戦したいと思っています!

百花
女優やタレント業など活動の幅を広げて、グループに貢献したいです!


みさき
TikTokも投稿されているそうですが、どのような感じですか?

柚葉
普段のパフォーマンスでは見せない姿が見られたり、それぞれの個性が溢れているので、是非見てほしいです!私はネタ系をやっていて、自分がやりたいようにやっています、笑。


みさき
YouTubeにもチャレンジされているのですよね!

綺羅
はい!お客さんの前に出るときは、みんな緊張感があると思います。でも、YouTubeって裏側というか、素になれるので、今まで皆さんに見せなかった私達の素顔を見て楽しんでほしいです。

來亜
企画は私たちが考えることもあります!ドッキリもたくさんやっていきたいです、笑。

百花
これから色んな企画を考えていくので、ぜひチェックしてください!


みさき
最後になりますが、エマリーは、女子高生のためのメディアなので、皆さんにも応援メッセージをいただきたいです。

來亜
勉強や交友、将来のことで、「失敗したらどうしよう」と、考え込んで踏み出せない人も多いと思いますが、まずは「やってみる」ことが大事だと思います!!たとえ失敗しても、その経験は絶対に無駄にはならないと思います!!

綺羅
高校生活は3年しかないので、高校生だからできる勉強や青春を楽しんでほしいです。高校時代にできた友達はきっと「一生モノ」だと思うので、大事にしてください。一緒に頑張りましょう!!

柚葉
人生の大事な時期だと思うので、大切に楽しんでほしいです。好きなことにたくさん挑戦して、青春もしてほしいです。

百花
やりたいことがないという人は、興味がなくても、とりあえず何かに挑戦してほしいと思います!視野を広げて挑戦する中で「これだ!」と思えるものが、見つかるかもしれません!


 Girls²の皆さん、ありがとうございました!🌷

 

3nd EPは好評発売中です!ぜひチェックしてください★

 

オフィシャルウェブサイト

▶️https://www.girls2.jp/

 

【Rude-α】ニューシングル"Paradise"インタビュー!!

今回はJKライターのみさきがRude-αさんにインタビュー!!
1月10日(日)に配信されるニューシングルの"Paradise"についてお話を伺ってきました!🍒
この曲TVアニメ"SK∞"のオープニング曲なんです!!
そして!!なんとアニメの舞台はRude-αさんの地元 沖縄だそうです!!🌼
特別な想いが曲になっているのでしょうか!?気になります・・・!





では、さっそくインタビュースタートです♪

 

■Paradiseについて

みさき
「Paradise」という曲名に込められた意味は何ですか?

Rude-αさん(以下、Rude-α)
今回、曲を提供したのが、スケボーのアニメなので、歌詞に"路上からparadise"と書いています。スケボーって街中でやっていると、「危ない」と言う人もいると思うんです。でも実際、ストリートにはスケボーを楽しむカルチャーがあって、その中で生きてる人たちが絶対いる訳です。そうした意味で、「Paradise」という言葉を選びました。確かに危ないという人もいるけれど、自分たちからすると、ここがParadiseであり青春であり、今は路上だけど、いつか夢の場所を目指していくんだ、という想いを込めています。

みさき
この曲で一番こだわったポイントは何ですか?

Rude-α
Rude-αの新しい”幅“を見せようと思いました。今までは基本的にアップテンポな曲を作る時は、ポップやHIPHOPの要素が入っていたんですが、この曲はロックやパンクの要素を意識しました。歌い方も今までとは少し違って、多少張り上げて”雑に力強く“歌うことを心がけました。

みさき
「Paradise」を初めて聴いた時に、ノリノリになれて、特にサビのメロディーが耳に残りやすい、という印象を受けたのですが、何か意識されたことはありますか?

Rude-α
サビの「La La La La」など、ライブでお客さんが一緒に歌えるようなパートは絶対にあった方が良い思っていたので、そこは意識しました。

みさき
アニメが、地元の沖縄がモデルになっているということで、ご自身として何か曲に込めた特別な思いはありましたか?

Rude-α
自分が音楽を始めた頃は、ラップが今ほど流行っていなかったので、周りにはこれを仕事のするということを理解してもらいづらかったんです。でもその中でも「見とけよ、絶対これでやってやるからな」という意志は持っていたので、歌詞にも反映しています。”あの日のNoiseすらVOICEに変わってく”とあるんですが、僕自身、かつて言われた批判的な言葉も、吸収して自分の中に生きていて、「お前らの批判のおかげで、俺は今やっているぜ!ありがとうな!」というマインドでいます。




■カップリングについて〜"Spotlight"〜

みさき
"Spotlight"はどういう思いで作られたのですか?

Rude-α
卒業も含めて、お別れの季節をテーマにして作りました。いつもはまずサウンドを意識するのですが、今回はまず歌詞を意識しました。歌詞だけ最初に読んで、良い曲だな、と思える曲って本当に良い曲だと思うんです。この曲を何年後かにその人が聴き返した時に、その時の感情やシチュエーションを思い出してくれるような曲になれば良いな、と思っています。

みさき
高校生は、新型コロナの影響で、作れるはずの思い出が少なくなってしまったこともあるのですが、そこも意識されましたか?

Rude-α
今の高校生は、僕達の時より大変なことも多いと思いますが、逆にその大変な思い出があるからこそ、強く記憶に残っていたり、友達のことをより大切にできるようになってくれたら嬉しいです。

みさき
小さい頃から「友達を大切にしなさい」と、お母様から言われてきたというお話を、以前のインタビューの時にお話しいただきましたが、Spotlightには、そうした意味も込められていますか?

Rude-α
僕の周りには、自分の仕事関係なく、一緒にバカやって笑ってくれる友達がたくさんいます。それこそ、路上でたまたま出会った人と物凄く気が合って、今では僕の家に遊びに来る仲になったり、笑。時々、音楽を仕事にしていて「すごい」と言われることもあるのですが、音楽やっているからすごいっていう訳じゃなくて、みんなすごいと思うんですよ。音楽やってる人も、学校通ってる人も、バイトでも、ニートでも。というか、みんな普通に前向きに生きているだけで、すごいな、と僕は思っています。色々な友達を大切にすることで、人生は豊かになるのだと思います。



■最後にエマリー読者にメッセージをいただきました!!

みさき
エマリーは、女子高生のためのメディアなので、応援メッセージをいただきたいです。

Rude-α
女子高生の皆さんは、つらいこともいっぱいあると思いますが、悩んだり、痛みを抱えた分だけ人は強くなれると思います。たとえば、「あの大学落ちたら人生終わり」とか言う人もいるかと思いますけど、全然そんなことはなくて、世の中のたくさんの人たちは、どうにもならないと思ったことも何とか乗り越えて、今生きているんだと思います。みなさんには、思いっきり失敗したり、悩んだり傷ついたり、大恋愛や大失恋をしたり、全力で勉学に励んだり、たまにヤンチャしたり、「映画のような青春」を全力で過ごしてほしいです。僕みたいなテキトーな人間も生きていけるんですから、一生懸命生きていれば、必ず明るい未来が切り拓けると思います。


Rude-αさんのお話は、明るい雰囲気の中にも、物凄く深いメッセージが込められていました。
楽しい取材をありがとうございました!☺️☁️




"Paradise"リリース:2021.1.10(日)先行配信(期間生産限定盤:2021.2.10(水))

カップリングの"Spotlight"リリース:2021.2.10(水)

アニメ「SK∞」スタート:1.9(土)深夜2時

 

オフィシャルウェブ・サイト

▶️https://www.rude-alpha.com/

アニメ"SK∞"

▶️https://sk8-project.com/

【さなり】2nd single "2FACE feat.SKY-HI"についてインタビュー!!

 今回はJKライターのみさきとなよが、1月6日に2nd single "2FACE feat.SKY-HI"をリリースされる、
さなりさんにお話を伺ってきました🌼

 



今作は、曲作りへのハードルが上がり、様々な葛藤がある中で生まれた楽曲で、
さなりさんに宛てた、SKY-HIさんからの手紙のような楽曲となっています☁️

 

 

では、さっそくインタビュースタートです✊🏻

 

 

■シングルについて

 

なよ
“2FACE”というタイトルにはどのような意味が込められていますか?

 

さなりさん(以下、さなり)
誰もがそういう面があるとは思うのですが、場所や人によって、自分の見せる顔が変化していることを表しています。
友達と喋ってるときの自分や、親と喋るときの自分、人前に出る自分、結構違うと思うんです。そうした二面性というか、
自分の「違う顔」も表現している作品です。

 

みさき
ご自身への曲作りのハードルが高くなったり、また、コロナ禍でもある中で、曲作りではどんなことを考えましたか?

 

さなり
コロナ禍をきっかけに、1人で考える時間が増えて、余計なことも考えてしまって。部屋にいるだけで、
不安定になることもありました。それがきっかけで、自分を鼓舞する、自分自身を応援する意味で、この曲が生まれました。

 

みさき
この曲を出すことによって、不安定な部分は解消されましたか?

 

さなり
そうですね。悩んでいる自分に向けて作った曲なので、役に立っていると思います。

 

なよ
今回の曲のレコーディングのエピソードはありますか?

 

さなり
SKY-HIさんとスタジオに入っている時は、楽しかったです。僕が15歳の時に初めてご一緒して以来、2年ぶりだったので、
懐かしくなりましたし、その頃に比べて自分自身の成長を実感できる経験でした。
 

なよ
TBS系金曜ドラマ「恋する母たち」の劇中歌にもなっている、「まんじゅうこわい」には、中毒性があるように感じます。
〝落語〟がテーマの中でどのように考えて作りましたか?

 

さなり
「落語」と「ラップ」というテーマをいただいて、「まんじゅうこわい」という実在する落語のストーリーをもとに歌詞を書き、曲ではノリを大事に、遊び心を入れ込みました。

 

なよ
Sublimate、Future(redoing)の歌詞にはどんな意味が込められていますか? 

 

さなり
Sublimateは「よく分からない」という方も多いと思います。
実は、僕自身、「何を言ってるか分からない曲」にしたかったんです。あんまり声を大きくして言いたくない言葉というか。
言ってしまったらダメなんじゃないか、あんまり伝わってほしくないなと。

 

なよ
伝わってほしくない?

 

さなり
Sublimateで書いているのは、これ言ったら嫌がられるんじゃないかとか、これ言ったら悪口なんじゃないかとか、
こういう感情を持ちたくない、でも持ってしまう感情です。そういう人間の奥底にある醜い感情を曲にする。
でも、そんな醜いものでさえ、曲にして歌う行為自体は、素晴らしい、と考えを持つようになって出来ました。
どんなに良くないことを思ってても、それを楽曲として、言葉として、音楽として成立させることができれば、
それはいいことなんじゃないかな?と思います。

 

みさき
醜い感情は持ちたくない、でも曲にする行為自体は素晴らしい、深いですね。

 

さなり
Futureredoing)は、ちょうどコロナ禍で、落ち込んだ人もいる中で、理想の未来について歌うことによって、
みんなも希望を持てるんじゃないか?と考えて作りました。

 

なよ
さなりさんの理想の未来とは何ですか?

 

さなり
必ずしも、楽しくないことをやらなくてはいけない世の中や人生の中で、「楽しい」を選び続けることは、
そう簡単ではないと思うからこそ、自分は、ずっと楽しくやっていきたいなと思います。

 

みさき
今回のシングルを出すことで、今までとの変化は生まれましたか?

 

さなり
意識はかなり変わりました。これまでは、自分の中で固定してしまっていた「さなり像」があったのですが、
コロナ禍を経て、「さなりとしてこれはやらない」と誓っていたことを壊して、
曲も歌詞も、今までにない実験や遊びをしてみて、新たな一面を見せようと思えるようになりました。

 

みさき
ご自身が「さなりとは何者か」に、向き合ったということでもありますか?

 

さなり
そうですね。これまでは、他人と比べたりすることが結構多かったのですが、これからは「さなり」にしかできないことを
意識して取り組んでいきたいです。



■自身について

 

なよ
ラップを始めたきっかけはなんですか?

 

さなり
中学1年くらいの頃にフリースタイルラップが流行っていて、ある時友達から「一緒にやろうぜ」と言われて、
最初は遊びで始めました。めちゃくちゃ楽しくて、毎日やっていました。それが一番最初のきっかけです。

 

みさき
中学2年の頃からオリジナル音源の制作を始められたというのがすごいと思うですが、
メロディーはどのような時に出てくるのですか?

 

さなり
極端なことを言ってしまえば、メロディーはいつでも出てきます。基本的には歌いながら作るんですが、
後ろでトラックを流しながら、「うぇんうぉんうぇんうぉん・・・」のような感じで、
日本語じゃない言葉でメロディーをつけていきます。メロディーだけなら一瞬で出来上がることもありますよ。
逆に、意図的に、少しずつ丁寧に、何週間もかけてつくっていく時もあります。

 

なよ
今、夢はありますか?

 

さなり
率直に、ヒット曲を生み出したいです。みんなに知ってもらえる、愛される曲を作りたいです。

 


■エマリー読者のJKに向けて、メッセージを頂きました!

 

みさき
エマリーは女子高生専用のメディアなので、是非私たち女子高生達に伝えたいこと・応援メッセージをお願いします!
今回のリリースと絡めて。

 

さなり
ライブに来てくれる方に女子高生が多いというのもあるのですが、僕、女子高生のこと好きなんですよ。
僕は高校もほぼ行っていないので、制服で青春したことがなくて、そういうのも憧れるし、
女子高生の方がさなりの曲を聞いてくれるっていうだけで、すごく嬉しいんですよ。女子高生は僕と年代も一緒ですし、
今回の曲に関しては、悩みなども、自分と重なる部分があるんじゃないかなと思うので、ぜひ聴いていただきたいです。

 

さなりさん素敵なお話ありがとうございました☺🌷

 

 

2nd single2FACE feat.SKY-HI』リリースは202116日(水)です!

 

 

さなり公式webサイト

▶️https://sanaridayo.com/

恋する女子高生の“歌姫”🧡井上苑子さんNew mini Album 「PANっと音がした」徹底インタビュー🎶

 

今回は2021210日にNew mini AlbumPANっと音がした」をリリースされ、1225『おとぎ話って言わないで』先行配信の、井上苑子さんに、あい・ぴな・みさき・ゆながインタビューをさせて頂きました🌷

井上苑子さんは恋する気持ちを真っ直ぐに歌った楽曲が人気を集めていますよね!

 

今回のミニアルバムはどんなアルバムになっているのか、早速お話を伺っていきたいと思います😊

 

井上さんは明るく気さくで、曲だけでなく、私達の為になるようなお話をたくさんして下さり、とても楽しい、貴重な時間となりました😆


それではどうぞ!!

 

あい
「「PANっと音がした」への想い、意気込みを聞かせて下さい!」

 

井上苑子さん(以下、井上さん)
コロナがまだまだ続く中で、新しい挑戦として、色々な方と曲を作りたいなと思い、データでのキャッチボールで曲を作りました。1人の女の子を主役にして、6曲を描いているので、その子が恋をしてどうなっていくのかをアルバム1枚を通じて楽しんでほしいと思って書きました!」

 

ゆな
「その女の子の人物像はあるのですか?」

 

井上さん
「人物像はおっちょこちょいというか、恋に恋する女の子を主役にしました。恋をすると周りが見えなくなっちゃう女の子って多いじゃないですか?その人の好きな人に当てはまりたいがために、一生懸命色々な自分を探していく、みたいな。そんな気持ちを書いています。」

 

あい
「今回PANTONEで表現しようと思った理由とかはありますか?」

 

井上さん
いつも曲を作るときとか、ビジュアルのイメージとか、こういう風にしたいというのを、色で伝えることが多いんです。今回のアー写も、「くすみピンク」をテーマにしているのですが、PANTONE(パントーン)という色の見本をベースにデザイナーさんに自分が思う「くすみピンク」を伝えていて、PANTONEをテーマにしたタイトルを思いつきました。最初はタイトルも、#198Cとか、PANTONEの見本の数字にしちゃおうかなと思ったんですけど、ちょっと分かりづらいので、やめました、笑」

 


あい

「再出発の合図というキーワードがありますが、その理由は何ですか?」

 

井上さん
2020年、コロナ禍で色々あって、自分のやりたいことって何だっけ?と考え始めたんです。例年なら先月は学祭のシーズンで、いろんな学生さんの前で歌わせて頂いていたりして、こんなに歌う機会がなくなってしまうことがあるんだと実感しました。
外に出て何かをインプットする時間が少なくなっていて、自分はどうしていきたいんだろう?と思ったときに、身近な人と曲を作りたいなと思って、この『おとぎ話って言わないで』は自分のバンドメンバーの人と書きました。バンドメンバーだとフランクにコミュニケーションができるし、自分の意思を伝えていくことを大切にしました。これまでは、スタッフさんや作家さんが色々してくださることも多かったのですが、もう一度自分を見つめなおして、自分の意思を明確に伝えられるようにという気持ちで、「再出発」としてやっています。」

 

ひな
『おとぎ話って言わないで』を作るにあたってイメージされたことは何ですか?」

 

井上さん
「アルバムを通じて、1人の女の子を主人公にしていこうと考えたのは先ほどもお話ししましたが、『おとぎ話って言わないで』は1曲目なので、出会いのところを書きたいなと思いました。イメージでは、出会ってしまってからの女の子の心情です。私は、“片思いをするとお腹が空かなくなるな・・・”とか、恋をしたときの感情をたくさん思い出して歌詞を書きました。」

 


ぴな
「『おとぎ話って言わないで』の歌詞にマーブルカラーの色というフレーズがありますが、どうしてこのような表現を選んだのですか?」

 

井上さん
「マーブルカラーは、色々な色が混ざりあっているのですが、恋も、様々な感情が混ざり合っているなと思って。恋って、その人が悲しい気持ちになっても、冷静に遠くから眺めると、何も起こってないように見える。でも、その主人公の女の子の心には、めっちゃ多彩な色が溢れているようなイメージが沸いたので、そのような歌詞にしました。」

 

ぴな
「いつも何を考えながら、曲を書いていますか?」

 

井上さん
「恋する曲では、私が主人公になりきることもあります。またある時は、その子を遠くから見ているような、ショートムービーを作っているような気持ちになっているかもしれないです。」

 

あい
「曲はどこで考えているんですか?」

 

井上さん
「曲は家でしか作れないんですが、歌詞は色々です。カフェとか移動時間とか。」

 

ゆな
「何をしながら歌詞を考えることが多いですか?」

 

井上さん
「カフェに行ってスマホで書くことが多いです。一杯のカフェラテを頼んで、歌詞を考えていたら、気づいたらすっかり冷めていた、なんてことはよくあります。」

 

ゆな
「どんなことをしているときに、1番歌詞が浮かんで来ますか?」

 

井上さん
YouTubeなどで他のアーティストさんとかのライブ映像を見たあととに、結構浮かんで来ます。勢いあるインフルエンサーの子の活動を見たりすると刺激されて、『よっしゃやるぞー!!』と掻き立てられます。」

 

みさき
「歌詞を書く時の語彙はどうやって深めていますか?」

 

井上さん
歌詞書くときは、例えば『好き』を表現するためにそれを表現する情景をたくさん書き出してみています。語彙というよりは、情景で伝えています。」

 

みさき
「2、3年前に比べて歌詞が大人っぽくなっている気がするんですが、大人になるにつれて、何か変化などはありましたか?」

 

井上さん
「ありました!個人的に思うのは、女の子は、結構変わるんじゃないかと思います。女の子は感受性が豊かな子が多いように思うのですが、私自身、今までは感情の波が激しいのは、それがいいと思って生きてたんですが、最近になって、色々な人に出会うと、憧れる女性像がどんどん出来てきて、そういう姿を見ると、どんどん価値観、行きたい場所、好きな物も変わっていきます。それは、私の中ではすごくいい事だと思っています。」

 

あい
「アルバムで「挑戦的」なことというキーワードがあったのですが、具体的に挑戦したことなどありますか?」

 

井上さん
「“今までたくさんの方が関わってくれていることに甘えていたのでは?”と思う自分がいて。そんな自分を変えていこうと思っていました。例えばどうしても自分が納得いかない時に、『ここのメロディーこう変えるのどうですか?』とか。生きている上で気を遣ったり、誰にどう思われるか気にしてばかりの自分もいました。でも、コロナ禍で自分自身を見つめなす機会があったからこそ、自分を好きになりたい、自分の言ったことに責任を持ちたいという気持ちになりました。

 

みさき
「アーティスト以外にもマルチに活躍されていますが、ここが大変だったということはありますか?」

 

井上さん
「すべてです・・・!特に、ドラマで演者をやらせていただいて思うのですが、スタッフさん演者さん全員で、ひとつのシーンをつくりあげるわけです。苦労することもありますが、新しいことにチャレンジするからこそ、自分の人間としての、アーティストとしての幅も広がっていることを実感しています!」

 

あい
「ツアーもありますが、意気込みなどありますか?」

 

井上さん
「楽しみです!今回6曲も出すので、ツアー自体の曲の構成も変わってくるだろうし、曲調も今まではポップな曲が多かったんです。今回は自分の声が際立つような、暖かいイメージの6曲になっていると思うので、ツアーも面白くて、ポップで暖かいライブにしたいなと思っています!」

 

あい
「最後に女子高生に応援のメッセージをお願いします!」

 

井上さん
「女子高生もSNSなどでたくさんの繋がりを持てる時代で、SNSで嫌な思いをすることもあると思いますが、私はSNSに救われて来たし、今の仕事にもつながりました。皆さんには、自分の気持ちを書くことはもちろん、人とのポジティブなコミュニケーションをSNSでとってほしいです。人との繋がりを大切にして、ハッピーなことを共有できる世の中を一緒に作っていきたいなと思います!」

 


取材のレポートは以上になります!
井上苑子さん、お忙しい中ありがとうございました💛

 

New mini AlbumPANっと音がした」は2021210日リリース!

20201225日に『おとぎ話って言わないで』先行配信です!!

 

皆さん、ぜひチェックして下さい🥰

SID(シド)コロナ禍で会えなかったファンへの想いを歌い上げるニューシングル「ほうき星」インタビュー!!

今回インタビューさせていただいたのは、Emmaryで何度も取材をさせていただいてきた、SID(シド)の皆さん!!



2020年3月にリリースの「delete」から、実に9か月ぶりの3曲入りニュー・シングル「ほうき星」についてインタビューさせていただきました!! 主催イベントやソロツアーの延期を経て、コロナ禍で会えなかったファンへの想いをストレートに歌い上げるコンセプチュアルなシングルです。どんな想いが込められているのか・・・!?

インタビュー、スタートです!!


――「ほうき星」に込めた想いや聴き所について教えてください。

Shinji
コロナ禍の時期で気持ちが沈んでしまう場面も多い中で、元気や希望を与えられる曲をつくりたい、と思いました。楽曲的には、シドならではの大人っぽさも意識しながら、アレンジ的にも、ファンの皆へのメッセージをよりしっかり伝えることを考えて、ストレートな楽曲に仕上げています。

――「ほうき星」に込めた、「ファンへの想い」について教えてください。

マオ
歌詞の中で、「喜び悲しみも乗り越えたこの繋いだ手を誰も剥がせない」としているように、いくら不安な状況であっても、コロナといえど、僕たちとファンの絆は離すことはできないんだ、という強い言葉を込めてつくりました。

ゆうや
背中を押したり、共感をしてもらったり・・・、こんな状況の中だからこそ、シドとしての「考え」を世の中に発信をしていくべきだと思っています。

明希
この時期に、一人でも多くの人に前向きな気持ちになってほしいという想いを込めた1曲。これから演奏するのも、聴いてもらうのもすごく楽しみです。

 

――タイトルに、「ほうき星」を選んだ理由は何ですか?

マオ
「希望の象徴」としてほうき星と名付けました。あたたかい、前向きなイメージを持ってもらえたらと思います。

Shinji
「そういえば、明るめの曲って最近ないよね」と、最近メンバー内でも話していたので、あたたかさは追求しましたね。ぜひその人間的なあたたかみを共有したいと思っています。

――「siren」について教えてください。

マオ
コロナが流行りだしたことで、色んな場面で”サイレンの音”を感じたんです。ニュースで今日の感染者数のことを伝える様子とか、街中でマスクをしていない人を皆でギョっと見たりだとか、多くの”サイレン”が鳴り響いているなと感じ、この曲をつくるに至っています。

明希
曲の聴きどころとしては、「siren」の世界観に合わせて、重厚感というか、ヘビーなサウンドを意識してつくっています。


――「声色」について教えてください。

マオ
会いたくても会えない男女を歌ったんですが、Emmaryを読んでいる高校生の皆も、もしかしたら、こういう気持ちになっている人も多いんじゃないかなと思います。今って、希望を持っている人もいれば、絶望している人もいる。すべてが今の「リアル」だと思うので、そのリアルな姿を形にした1曲です。

ゆうや
この曲は、全体的にはバラードで、切ないイメージでまとめているのですが、明るい・希望が持てる、というところも全部含めて、様々な人の様々な感情の流れを表したいと思いつくりました。

 

――1月14日の結成記念日配信ライブについて教えてください。

マオ
配信ライブは初めての試みなので、手探りになると思うのですが、その手探り感すらも、ファンの皆と一緒に楽しみたいと思います。僕たちの17年のキャリアはファンと一緒につくりあげたものだから、このタイミングでこの絆を見せる時だと。あとは、高校生のファンも多いのですが、普段のライブでは、地方に住んでいて、なかなか東京に来られない子も、都市に住んでいる子と同じように楽しめるので、ぜひぜひ集まってほしいです。

Shinji
配信ライブということで肩の力を入れすぎずに、いつものシドらしさを見せたいです。今って、コロナ禍で出来ないことは確かに多いですけど、何か見つけてほしい。その一つが、配信でライブを楽しんで、遠くにいても一つになれることだと思っています。


明希
僕らなりに配信ライブを楽しんで、それが伝わるようにしたいですね。熱く伝えられるように頑張りたいと思います。今年は、たくさん楽しみにしてほしいこともあったんですけど、色々なことを断念することになりました。それでも、あきらめないで立ち向かう気持ちが4人とも強いので、その意気込みを感じてもらいつつ、一緒に楽しんでほしいです。

ゆうや
世の中、ライブでも、声が出せないとかあるじゃないですか、その中で、「家で叫べる」っていいんじゃないかという気もしています。コロナで「できなくなっちゃったこと探し」があるように思うのですが、そうじゃなくて、「何ができる」っていうのを増やしていければいいと思います。そうしたら、皆、次へのステップを踏めるんじゃないかと思います。

 

――最後に、Emmary読者にメッセージをお願いします。

ゆうや
今回、全世界共通で起こった事態ということで、決して「いいこと」ではないけど、ポジティブに考えようとしたら、たくさん出てくると思うんです。たとえば、遠くの人を近くに感じるコミュニケーション手段も急速に発達しましたし、今の楽しみ方、やっていき方を感じながら一緒に成長したいです。そういう機会としてとらえることは大切だと思います。

明希
僕たちも含め、この時代に不安もあると思うけど、シドの音楽を通じて、孤独ではないというのは伝えたいです。絶望するよりも、よりよく生きていくことを考えていこう。

Shinji
「4G」でよかったな、と思います。今はオンライン環境がものすごく発達しているじゃないですか。昔じゃありえなかったけど、遠隔でコミュニケーションを取るのもスムーズだし。そういう環境の中で、今までにはない角度で、つながりを強くしていこう。

マオ
高校生とは、世代は違うのですが、同じ人類として、コロナの時代を一緒に乗り越える仲間意識が強くなったと思うので、負けずに手を取り合っていこう。ファンの子にも高校生の子はたくさんいますが、皆、まだまだ先の長い人生の途中なので、その道を照らすような音楽活動をこれからもしていきたいです。

 

――この大変な時代を、一緒に乗り越えていこうという熱い想いが伝わりました・・・!
シドの皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

もはや「ライブのMV!?」圧倒的な世界観のLiSAオンラインライブ「ONLiNE LEO-NiNE」レポート

 

「鬼滅の刃」が世代を超えて愛された事で、今年最も注目を集めたと言ってもいい女性アーティストLiSAさんが、
12
12日にオンラインライブ「ONLiNE LEO-NiNE」を開催!!

JK
ライターズがオンラインライブの様子をレポートします!!

まず、これだけ言わせてください。

LiSA
さん、スゴすぎ・・・・・・・!!!!!

まるで「生で演奏するミュージックビデオ!?」の世界に入りこんだかのような、
超超超圧巻のライブでした・・・!

オンラインだと思ってナメてかかっちゃダメですよ~!!
「息つく間もない」とはこのことか!と思わされた、あっという間の15曲。

ライブは、ペーパークラフトの歩くライオンのアニメーションで演出するイントロダクションで始まります。
そして、「『ONLiNE LEO-NiNE』開幕!」の掛け声とともにLiSAさんが登場!!!
トラスで組まれたライブセットの中で、「マコトシヤカ」、「Catch the Moment」、をつづけさまに熱唱。
リアルタイムに視聴者がコメントを打ち込めるチャット上では、
「泣きそう」「既に泣いてる」「8888888888888」などのコメントがはやくも殺到・・・!!

photo by 
上飯坂一

1年ぶりじゃない? ライブするの。この日を待ってました!」と、LiSAさんは満面の笑み。
そして、お家で観ているかもしれない、電車の中で観ているかもしれない、
オンラインの「向こう側」にいるたくさんの「観客」に語り掛けました。

ロックな雰囲気を醸し出すステージ、そして1人ひとりに語り掛けるようなLiSAさんの姿に、
「やっぱりすごい!」と感動していましたが、
そこはLiSAさん。これだけにとどまりませんでした・・・。
次々と、オンラインライブの「限界」を超えていきます・・・!!

まるでこの日のことを伝えるかのように「晴レ舞台」をのびやかに歌った後、
「エレクトリリカル」では、キュートなバックダンサーを従えてのダンスに加え、
画面上にゲームキャラのような絵が一緒にダンス!!キラキラのエフェクトが降ってくる・・・!!


photo by 
上飯坂一


photo by 
上飯坂一

楽しげな雰囲気から一転、ドラマの主題歌にもなった「愛錠」を雰囲気たっぷりに歌ったかと思うと、
続いての「わがままケット・シー」では、白のワンピースに早着替え。
その後、光がうねる床の上に寝ながら歌うという、セクシーな演出。
さっきと同じライブ会場なの?と思うほど、まるで異世界に迷い込んだかのような感覚になります。


photo by
上飯坂一

歌い終わり、気づくと、LEDでつくられた壁が登場。
LiSA
さんを取り囲みます。ボディスーツに身を包んだダンサー2人と共に、
赤色をメインに駆使したムードたっぷりな不思議な映像に包まれながら「unlasting」が披露されました。


photo by 
上飯坂一

LiSA
さん、エモいです・・・。

そして、幻想的な雰囲気のステージが終わると、再びライブシーンに変化。
1
秒も、飽きさせません。

大量のライトがLiSAさんを背後から照らし、シルエットだけで魅せる「cancellation」。


photo by 
上飯坂一

続いて、真紅の背景を背に歌いあげる「赤い罠(who loves it?)」。


photo by 
上飯坂一


photo by 
上飯坂一

そして、セットの中に炎があがる・・・!!!!!
圧倒的な世界観の中で熱唱されるのは、大ヒット曲「炎」。

続いて、お待ちかねの「紅蓮華」!!!!!
般若面を被った怪しげなダンサー2人の舞いが、オンラインの向こう側の視線を釘付けにします。
豪華すぎる曲の連発・圧巻のクオリティに「世界一熱い繋ぎ」というコメントや、
「こんなのMVじゃん!!」という大賞賛のコメントが出るなど、チャット上も大盛り上がり!!



photo by 
上飯坂一

そして今度は海外のストリートのような雰囲気のステージに。セットの外車がおしゃれすぎる・・・!
LiSA
さんは、「play the world! feat. PABLO」で、PABLOさんとコラボし、ぶつかりあいともいえるような
パワフルな掛け合いを披露。
視聴者も一緒に「うおっお~」「wow wow wow」と一緒にチャット上で「歌います」!!!!!!
そして、「Rising Hope」、「ADAMAS」を続けて熱唱!!


photo by
上飯坂一


photo by
上飯坂一


チャット上では、「もうMVやんw」「すべてがPV説!!」等のコメントが出るように、
JK
ライターも、LiSAさんのMVに入りこんだような感覚になります。

ライブの最後を締めくくるのは、「ハウル」。
壮大かつ明るい未来を感じさせる雰囲気の中、巨大な倉庫のようなライブ会場の全景が登場!!
なるほど・・・ここですべてが行われていたのか・・・と最後に秘密がすべて明かされる感じ。
これまでのライブを支えてきたスタッフさんの姿があったり、
大量の機材の箱なども置いてあり、このライブをつくりあげてきた裏側も魅せる心憎い演出です。


photo by
上飯坂一


そしてあっと言う間の約90分間のライブは、LiSAさんのメッセージで幕を閉じます。

「いつも当たり前のようにあった幸せが、特別なんだって気づいた2020年。
きみのことをたくさん思って、どうしてもきみに会いたくなった2020年。
不安があったり、不安になったり、立ち止まったりしそうになっても、
今日、私たちは、ここにたどり着いた。いつも、本当にありがとう。
もっともっと最高な未来が私たちに待っていますように。
今日を越えていけ!もっともっと越えていけ!!」

最後は、「1・2・3・4・5・6・7・8・9!・・・また遊ぼうね
「ばいちっ」と、いたずらっぽい、とびっきりの笑顔でライブは幕を閉じました。

また、遊びたい・・・・!!!!!
チャット上での歓声が鳴りやまない・・・。
そんな圧巻の「オンライン」でした!!!!

Apple MusicとSpotifyではライブのセットリストを再現したプレイリストも配信中です・・・!!!!

 

 

小浜編集長も大好きなアイドル「=LOVE」8thシングル「青春”サブリミナル”」髙松瞳・佐々木舞香・齊藤なぎさ・大谷映美里 インタビュー!

今回は、11月25日(水)8thシングル「青春”サブリミナル”をリリースされた
指原莉乃さんプロデュースのアイドルグループ=LOVE」の皆さんに、小浜編集長がインタビューしました!!




今回インタビューに答えてくださったのは、
「髙松瞳さん」「佐々木舞香さん」「齊藤なぎささん」「大谷映美里さん」!!
小浜編集長は、ライブを観に行くほど=LOVEさんが大好きで、
とても盛り上がったインタビューになりました!!


(写真左から:佐々木舞香さん、髙松瞳さん、齊藤なぎささん、大谷映美里さん


インタビューではメンバーどうしの仲の良さが伝わってきたので、
できるだけそのままお伝えしたいと思います!!
裏話も聴いちゃいましたので、ぜひ最後まで読んでください



小浜
今回新曲を聴かせていただき、MVも拝見したのですが、「青春”サブリミナル”」はどんな曲になっていますか?

髙松瞳さん(以下、髙松)
この曲は私たちの1stシングル「=LOVE」ぶりの王道で、キラキラのアイドルソングで曲調も疾走感のある仕上がりになっています!!

佐々木舞香さん(以下、佐々木)
この曲は恋する女の子の曲なんですが、ちょっと切なくて、青春感もあって。カムバック10代と思わせてくれるいい曲です。

齊藤なぎささん(以下、齊藤)
全部歌詞がすごく素敵で、プロデューサーの指原さんは、よく私たちの知らないような言葉を歌詞に取り入れるので毎回楽しみにしているのですが、今回は、サブリミナルや、歌詞の中にシナプスという言葉が出てくるので、注目してほしいです。

髙松
指原さんは、毎回私たちの知らないような難しい言葉を入れるので、「検索する枠」の言葉、みたいになっています、笑。

大谷映美里さん(以下、大谷)
はじめて曲を聴いた時に、「リュックに炭酸」の部分で、「キャー!青春!」という感じで、なぎさとも盛り上がりました。
全力でキラキラな青春ソングで、私自身も曲の世界観に憧れました。

小浜
曲の聴きどころなどを教えていただけますか?


髙松
パッと見、キーがとても高くて、最初は歌えるか不安もあったのですが、頑張ったので聴いていただきたいです!!



佐々木
指原さんの歌詞は、物語になっていることが多いので、感情移入しやすいです。
曲の中で気持ちの変化がわかるところが好きで、それを伝えたいなと思いました。

齊藤
1st
シングル「=LOVE」以来の、久しぶりのキラキラソングだったので、懐かしい気持ちになりました。
1st
シングルの時は高い音を歌うのに苦労しましたが、
以前よりは高い音も出るようになったので、1stシングルからの成長を感じました。
そこに注目していただけたら嬉しいです。

大谷
はじめて曲を聴いた時に、ここはこのメンバー歌うのかな?と想像するのが楽しかったので、
皆さんにも楽しみにしながらぜひ聴いていただきたいです。

小浜
「特にここを一番伝えたい」、という部分はありますか?


齊藤
「君がいい」という歌詞がいっぱい出てくるのですが、私たちの1stシングルでは「きっと君だ」という歌詞が出てくるので、
そういう意味で、今回リンクしている部分もあると思っています。
この「君がいい」という歌詞を含めて、すべての歌詞を大事に歌いたいと思いました。
また、自分のソロパートで「その名前は=LOVE」という部分を歌うのはとても緊張しましたが、心をこめて歌いました。



小浜
髙松さん活動再開後、久々に12人のシングルということですが、
「君がいい」というフレーズが12回出てくるというのが、色々なところで話題になっていました。
指原さんのこだわりを感じて、すごいなと思って聴いていました!


全員
めちゃめちゃ聴いてくださっていますね!

小浜
「青春”サブリミナル”」は、どんな女子高生に聴いてほしいですか?


齊藤
恋してる女の子ももちろんですし、憧れの恋を見つけたい女の子にもぜひ聴いてほしいです。
恋でなくても、今まさに青春をしている方にも楽しんでほしいです。
また、疾走感のある曲なので、通学中や通勤中に、歩きながら、走りながら、聞いていただければ嬉しいです。

大谷
自分の好きな男の子に、この曲を紹介してほしいなと思います。
「この曲好きなんだよね」という話題をきっかけにして、もしかしたら新たな恋が生まれるかもしれないなって。

髙松・佐々木・齊藤
それはいい!!!!

小浜
海で撮影された今回のMVも独特ですよね。
以前の「ズルいよ ズルいね」のMVも、水を使われていたと思うのですが、同じ水でも全然違うなというのが印象的でした。「ズルいよ ズルいね」は曲調も照明も暗かったのですが、「青春”サブリミナル”」では、水色!空!という感じで全然違いますよね。真反対の雰囲気なのに、どちらでも魅了できるのがすごいなと思うし、それが=LOVEさんの魅力なんだなと思いました。



全員
すごく観てくれてますね・・・、うれしい・・・ニヤニヤします・・・!!

小浜
MV撮影でのマル秘話などがあれば教えていただきたいです!!


齊藤
海の上に浮かんでいる丸形の小さいステージの上に、1人ずつ乗って踊ったんです。
船に乗って子の丸に行くのですが、海の上だし丸も狭かったので、
いつ私は落ちるんだろう・・・と思いながら踊っていました、笑。

佐々木
瞳の丸、すごい揺れてたよね。

髙松
うそ!?

大谷
瞳の丸が一番グラグラしてたよ、笑。
みんなで揺れてる~って言ってたけど、言わなかった、笑。

小浜
アップでスローになっているシーンってどうなってるんですか?


髙松
あのシーンは、プールで撮影をしました。
プールギリギリの水面まで水を入れて。それがとても寒かったのですが、
同時にお湯を入れてもらいながら入りました。

佐々木
なぎさは、スタッフさんに、「なぎさもうちょっと頑張って~!かわいいよ~!!」と言われながら頑張っていたよね、笑。

小浜
すごい大変な中の撮影だったのですね・・・!!
ところで、瞳さんが活動をお休みしている間は、なぎささんと映美里さんが支える体制になっていました。
瞳さんは三作ぶりのセンターということでどういうお気持ちでしたか?


髙松
センターを任せていただいたからには、その位置を務め抜くだけなので、私の今できる精一杯をやろうと思いました。
私がお休みをいただいている間に、なぎさが私の位置に入ってくれていて、私は本当に感謝しかなかったので、なぎさと思いの丈をぶつけ合いました。

齊藤
瞳がいない間は寂しかったし、瞳が帰ってきてくれて嬉しかったのですが、色々な思いもありました。でも、瞳とたくさん話して、本当に本心をぶつけ合うことで、すごくスッキリしました。
本当に瞳が戻ってきてくれて心からよかったなと思うし、
瞳がいるからこそ、私は今頑張れているんだということをあらためて実感しました。



大谷
私は2人の関係性が好きなので、この話を聞いて幸せな気持ちになりました。
ダブルセンターをやらせていただいた時は、なぎさに助けてもらったりしていたのですが、
瞳が1人でセンターやってくれていた時のことを思うと、強いな、すごいな、と思って瞳を尊敬しています。

小浜
仲間を思い合う、熱い気持ちが伝わります・・・!!
脱線してしまうのですが、ライブ中の写真をよくSNSであげられていると思うのですが、
あの”奇跡の一枚”は、どうやったら撮れるのか、本当に気になります!!
誰が撮っているんですか!?


髙松
撮影OKなカメコさんのエリアがあるのですが、本当にたくさん撮ってくださるんです。
カメコさんがTwitterにあげてくださったのを、使わせていただいたりしています。
LOVEはカメコさんの文化が初期からありますね。

小浜
あれだけ事故画がないアイドル・・・なかなかいないのでは・・・!?


髙松
カメコさんに、めちゃめちゃ選んでいただいているのだと思います!!

齊藤
ファンの方の気持ちも込められているので、より一層そう感じていただけるのかもしれないです!

小浜
カップリング曲について教えていただきたいです!!

佐々木
私がセンターをさせていただく「しゅきぴ」は、重ためな曲になっていますが、
女の子は、どこかにそういう部分があるのかなと思っています。
この曲をセンターでいただいてから、
自分自身も、色々なシーンで気持ちを表に出しやすくなった気がするので、
聴いてくださるファンの女の子も自分と同じ気持ちになってくれたら嬉しいです。

大谷
可愛いけれど、めんどくさい、そんな女の子の気持ちが出ています。
舞香は普段はサバサバしているので、そうした面をあまり見ないんです。
だから、「舞香にセンターをやってほしいな~」と思っていたら実現したので、うれしかったです。

齊藤
「流星群」は、私と瞳のセンター曲なんですが、歌詞一つひとつに注目していただきたいです。
歌詞に、自分たちの名前が出ているのは初めてだし。私が猫で瞳が犬だったりとか。
私が努力家で、真面目で、何でも器用にできるとか、笑。

髙松
めっちゃ言う、笑!!

齊藤
お互いのことを歌っている曲で、一生歌詞を眺めていられるくらい好きです。

髙松
まさかデュエットソングを、しかもなぎさとできるとは思っていなくて。
私たちこの名前でよかったよねって言い合ってます!!

大谷
「映美里」だったら難しいよね、笑。

齊藤
‡ME
ちゃんが歌う「P.I.C.」は、これまでのノイミーちゃんと違う感じです。
今までは青春キラキラ!という感じでしたが、今回は、かっこいい!!と思える曲です。
これを聴くと、「私たちも頑張らなきゃ」って思わせてくれる、成長が著しい1曲だと思います。

小浜
全部メインディッシュですね・・・!!!!
私、個人的にはノイミーさんでは鈴木瞳美さんを推しておりまして・・・。
ノイミーさんの新しい一面が見れる、そしてイコラブさんとも違う雰囲気で、とっても楽しみです。

最後になりますが、青春”サブリミナル”にからめて女子高生への応援メッセージをいただけますか?


佐々木
青春って、「一瞬」に感じるほどのスピードで過ぎてしまうものだと思うので、
もし誰かに何か、伝えたいことがあるとしたら、行動に移してほしいと思います。

齊藤
私も女子高生なのですが、学校というのは特別な場所だと思います。
当たり前に思うような、通学路や放課後も何気ないシーンなども、今しかない特別なものだと思うし、
1
1秒大切にしてほしいです。たくさん青春してほしいと思います。

大谷
私は学生時代あまり青春することがなかったので、みなさんは私の分も青春してほしいです、笑!!

髙松
私の分も、青春してください、笑!!
高校生の時だからこそできることって、たくさんあると思います。全力で走り抜いてほしいです!!

小浜
たくさん素敵なお話を聞けました!!ありがとうございました!!!!!



記念にライブDVDもプレゼントしていただきました!


齊藤なぎささんとの2ショットも♡

 

【青春”サブリミナル”】情報

 

【商品概要】

=LOVE 8thシングル「青春"サブリミナル"」11月25日(水)発売

■Type-A

【商品仕様】 CD+DVD

【品番】VVCL-1780~1781

【価格】価格:1,500円+税

《CD収録内容》

M1. 青春"サブリミナル"

M2. しゅきぴ

M3. 青春"サブリミナル" instrumental

M4. しゅきぴ instrumental

《DVD収録内容》

M1. 青春"サブリミナル" Music Video

M2. 青春"サブリミナル" メイキング映像

《封入特典》

=LOVE生写真1枚ランダム封入(全12種) / スペシャルプレゼント応募券

■Type-B

【商品仕様】 CD+DVD

【品番】VVCL-1782~1783

【価格】価格:1,500円+税

《CD収録内容》

M1. 青春"サブリミナル"

M2. 流星群

M3. 青春"サブリミナル" instrumental

M4. 流星群 instrumental

《DVD収録内容》

=LOVE/≠ME 夏の課外研修

M1. イコラブの夏キャンプ篇

M2. ノイミーの赤岳登山篇

《封入特典》

=LOVE生写真1枚ランダム封入(全12種) / スペシャルプレゼント応募券

 ■Type-C

【商品仕様】 CD+DVD

【品番】VVCL-1784~1785

【価格】価格:1,500円+税

《CD収録内容》

M1. 青春"サブリミナル"

M2. P.I.C.(≠ME)

M3. 青春"サブリミナル" instrumental

M4. P.I.C. instrumental  

《DVD収録内容》

M1. P.I.C. Music Video

M2. P.I.C. メイキング映像

《封入特典》

≠ME生写真1枚ランダム封入(全12種) / スペシャルプレゼント応募券 / ≠MEアナザージャケット

■Type-D/ CD only

【商品仕様】 CD Only

【品番】VVCL-1786

【価格】価格:1,000円+税

《CD収録内容》

M1. 青春"サブリミナル"

M2. しゅきぴ

M3. 流星群

M4. P.I.C.(≠ME)

M5. 青春"サブリミナル" instrumental

M6. しゅきぴ instrumental

M7. 流星群 instrumental

M8. P.I.C. instrumental

 

【速報!!】日本最大級のJKイベント「シンデレラフェス」開催決定!!

日本全国のJKの皆さんお待たせしました・・・・・!!!!!!!!

なんとなんと!!!!
日本最大級のJKイベント「シンデレラフェス」が、
2021年3月31日(水)さいたまスーパーアリーナで開催決定しました!!!!





今年は新型コロナウイルスの影響で中止の決断をしなくてはなりませんでしたが、
誰にも負けないJKの力で日本と世界を元気にしたい!!!!という想いで、開催を決意しました。

まだまだ感染拡大の心配はありますので、感染拡大防止をしっかり努めながら、
イベントを開催したいと思います!!!!

日本全国のJKの皆さん、楽しみにしていてくださいね☆☆☆

実施内容や予約の詳細については、Emmaryでどんどんお伝えしていきます♡♡




【イベント概要】
2021年3月31日(水)
日本最大級のJKイベント「シンデレラフェスvol.8」
さいたまスーパーアリーナ(コミュニティアリーナ)
JC3~JK3限定(一部、他学年部門新設あり)
入場無料!!

イベントサイト
http://cinderellafes.cinderellaweb.com/


※入退場等については新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
 随時、お知らせさせていただきます。

小浜桃奈・5代目編集長に就任いたしました!

Emmary読者の皆様へ

今年の5月から”編集長見習い”として活動していました「小浜桃奈さん」が、
11月5日20時、5代目編集長に就任いたしました。

5月から約半年の見習い期間で、小浜桃奈さんは懸命に活動をしてきました。
その中で、小浜桃奈さんのEmmaryに対する並々ならぬ想い・行動力、
仲間であるJKライターズを大切にする想い、
読者の皆様に対する誠実な姿勢を、編集部一同、日々強く感じてきました。

今後、もっとみなさんが毎日・将来にワクワクするような
記事・体験を提供させていただき、
さらにEmmaryを盛り上げてまいりますので、
今後とも、ご愛読をよろしくお願いいたします。

Emmary編集部一同



4代目編集長・鶴嶋乃愛さんからのメッセージ

 







5代目編集長・小浜桃奈さんからのメッセージ


本日11月5日、エマリー5代目編集長に就任致しました事を御報告させて頂きます。

異例の編集長見習いという立場から始まり、
不安な気持ちや楽しみな気持ちが入り混ざりただひたすら目の前の事に向き合うだけで精一杯でした。

初めはひとりぼっちの状態からのスタートでしたが、
JKライター、JKプロデューサー、メンヘラ牧場という素敵な仲間に出会い日々助けられ
私自身も少しは成長出来たかな、と思います。
そしてそんな素敵な仲間達のためにもっと頑張りたいと心から思えました。

素敵な仲間と編集長見習いという貴重な期間を過ごすことが出来たので、
みんなが居れば編集長になっても怖いものは何もありません。

こんなに毎日充実しているのも私の居場所が出来たのも全て、
近くで助けてくれる仲間のみんなと、エマリーを通じて繋がった読者の皆様のおかげです。

これが第2章の始まりです。
歴代の編集長に劣らぬ愛でチームシンデレラと向き合い、今しか出来ない最高の思い出をみんなで作ります。

読者の皆様、編集長になった小浜桃奈をよろしくお願い致します。






【あなたのJKライフをもっと面白く】チームシンデレラJKプロデューサー&JKライター追加大募集!!!!


あなたのJKライフ、もっとワクワクするものに変えてみませんか!?

チームシンデレラで活動したいメンバーを追加大募集します!!

「他のJKにはできないことがしたい!」
「もっと世の中を面白くしたい!」
「企業とコラボして新商品を生み出したい!」
「夏まではコロナで何もできなかったけど、何か動き出したい!」

そんなアクティブなJKを大募集します!!!!

将来・社会に役立つ様々な経験はもちろん、
レクリエーションを通じて学校の枠を超えた仲間もできます!!
























【募集セクション】

①企業とコラボ!JKプロデューサーズ

JKプロデューサーとして、企業さんとの商品開発・イベントプロデュース、
専門学校/大学とのコラボ企画・イベント企画、
オリジナルイベントの企画プロデュース・集客などを行います!!

【過去のコラボプロジェクト一例】
リプトンのSNSプロモーション
BIG ECHOのカラオケルーム企画
大手化粧品会社の新ブランド運営サポート
新人アーティストの歌詞プロデュース
有名キャラクターのギネス記録挑戦
年賀状プロモーションイベント・映像
有名入浴剤の企画・プロモーション


②100万PVのメディアで活躍!!JKライターズ

 

https://emmary.jp/

日本最大級のJK専用WEBマガジン「Emmary」のライターとして、
あなたの記事が掲載されます!!企業さんへ取材して大人の世界を知れることはもちろん、
ライブレポートや話題の映画試写に参加したり、

人気俳優・アーティスト・タレントに取材できるチャンスもあります!!

【過去の活動一例(実績)】
★映画キャスト取材
『シライサン 』(飯豊まりえ・稲葉友)
『シグナル100』(小関裕太・瀬戸利樹)
『仮面ライダーゼロワン』(高橋文哉・岡田龍太郎・鶴嶋乃愛・
井桁弘恵)
『午前0時、キスしに来てよ』(橋本環奈・片寄涼太・眞栄田郷敦)
『任侠学園』(葵わかな)
『Diner ダイナー』(玉城ティナ)
等多数

★アーティスト取材
足立佳奈
井上苑子
TETSUYA(EXILE
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
ビッケブランカ
FAKY
LiSA
Rude-α
wacci
他多数

★タレント・インフルエンサー等取材
藤田ニコル
木村なつみ
りゅうちぇる
夢屋まさる
はるな愛
他多数

 

チームシンデレラ追加メンバー面接を開催します!!

ご応募される方は、募集内容を必ず読み、下記応募フォームよりご応募ください!

◇こんな人におすすめ
☆普通の学校生活では得られない経験をしたい人
☆かけがえのない仲間が欲しい人
☆様々な活動に積極的に参加したい人

チームシンデレラとは
毎年1万人以上の女子高生が集まる日本最大のイベント「シンデレラフェス」や、様々な企業・学校とのコラボプロジェクトの企画・運営等を行っています。
企業さんやゲストさんと一緒に新しい活動をしたり、イベントでは裏方はもちろん時には出演したり、学校を越えた仲間と一生の思い出をつくれます。



◇現メンバーの面接時の感想(一部抜粋)
・面接というより、面談に近いイメージでした!緊張しすぎずに臨むのが一番だと思います。また、チームシンデレラに入って自分は何をしたいのか、どんな記事を書きたいのか、どんなジャンルが得意なのか、などを考えておくと良いと思います!
・ガッチガチの面接ではなく、普段の自分を出す場所ってイメージなのでリラックスできました!
・割と話しやすくて面接してるって感じはあんまりなかったです!
・当日は緊張しましたが、面接官の方々にたくさん話しかけて頂けたことで、楽しんで臨むことができました!
・私はグループ面接を受けて、意見をしっかり言えている子がたくさんいて、少し不安になりましたが、面接を受けながら他の子の考えも知れて良い経験になりました!
・最初は凄く緊張するけど、スタッフさんが話しやすかったので笑顔で受け答えできました☻
・気楽に自分らしさをだして楽しくできるといいとおもいます!!

注意事項
・選考資料は返却いたしません。
・応募後の審査状況や選考結果に関するお問い合わせには応じられません。
・選考結果は面接日の前日までにご連絡させて頂きます。
・面談会参加費、選考費、入会費、またその後にかかる費用は一切ありません。
・面談会における交通費は支給いたしません。活動開始後における交通費は一部補助させていただきます。
・応募する場合、かならず保護者様の同意を得て、かつ学校規則に反していないことを事前に確認してください。
・応募資料は選考およびその他チームシンデレラからのお知らせ以外の目的で使用することはございません。

応募条件
・現役高校生もしくは中学3年生であること(中学3年生~高校3年生)
・女子であること
・楽しい事が好き、みんなで何かを作り上げるのが好きであること
・事務所・他団体に所属していないこと
・Emmaryはじめチームシンデレラの発信する媒体やSNSにご自身の写真や映像が使用されることに同意できること
・都内(港区西麻布)にて行われるミーティング(月2回以上が目安です)やその他活動に参加できること
※ミーティングや活動は隔週土曜日、または不定期で平日夜に行う予定です。

応募ステップ
まずは下記の2つのメールアドレスアドレス帳に登録、または迷惑メール設定から除外をお願いします!
※上記設定を行わない場合、【登録完了メール】【事務局からの連絡】【合否通知】などがお届け出来ない可能性があります!
【登録用】info@cinderella-shopping.com
【面接連絡用】info@cinderellaweb.com

 

【Step1】応募フォームにアクセス!
面接への参加登録をしよう!
募集期間  2020年10月24日(土)〜2020年11月10日(火)

【Step2】完了メール確認!
登録が完了すると、登録完了メールが届きます!その後、面談についてご連絡いたしますので、ご参加ください!

面接の詳細については登録者にのみご連絡いたします。
※迷惑メール設定によって、登録完了メールがとどかない場合がございますので、必ず迷惑メール設定を解除してください。

 

◆【Step3】面接日ご連絡(書類選考通過者には順次メールにてご案内します)
面接の予定がどうしても合わない日時のみメールフォームから選択してください。
後日事務局からご連絡させていただきます。
またメールには本人照合のためのお写真をお送りいただきます(本人照合ができれば何でも構いません)。

面談予定日時(※応募者多数の場合、変更の可能性がございます)
10月31日(土)①13:00~(現地)/②14:00~(現地)/③15:00~(現地)
11月7日(土)④13:00~(現地)/⑤14:00~(現地)/⑥15:00~(現地)
11月10日(火)⑦17:00~(現地)/⑧18:00~(現地)/⑨19:00~(現地)/⑩20:00~(リモート)
11月12日(木)⑪17:00~(現地)/⑫18:00~(現地)/⑬19:00~(現地)/⑭20:00~(リモート)
11月14日(土)⑮13:00~(現地)/⑯14:00~(現地)/⑰15:00~(現地)

※あなたの面接日は事務局からメールにてお伝えいたします。
※面接は複数人数での実施の可能性があります。
※関東以外に在住の方はリモートでの面接となります。

 

◆【Step4】選考結果通知!
面接後合格者には1週間程度でご連絡させていただきます。

※日時は変更の可能性があります

 

毎日を変えたい、自分を変えたい、世の中をもと面白くしたい、
そんな思いを持ったJKのみんな!ご応募をお待ちしています♪

 

 

【小浜桃奈×香音】KOL ME BABYディレクター香音さんにインタビュー!

JKから大人気のハイティーン向けファッションブランド「KOL ME BABY(コルミーベイビー)」!!

2020年の春、ブランドコンセプトを大幅にリニューアル。
ディレクターには、雑誌やTVで活躍し、同世代から抜群に知名度が高い「香音(かのん)」さんが抜擢されました!!



今回Emmaryでは、KOL ME BABYディレクターの「香音さん」にインタビューすることができました♥
インタビューを担当するのは、編集長見習いの小浜桃奈ちゃんとJKライターのぴなちゃん!



とっても濃い内容になっているのでぜひ読んでください♪それではインタビュースタートです!!

小浜桃奈(以下、小浜)

KOL ME BABYのディレクターに就任された経緯と、心境について教えてください!

 

香音さん(以下、香音)

小さい頃から、自分のまわりを隅々まで可愛くしたいという想いが強くあって、
自分のお部屋も、可愛くないと思うところがあると、
DIYというか、壁を全部はがしてペンキで塗ったりして、まるごと改造していました。
そうやって「すべてを香音色で表現したい!」と思って自己表現をしてきたのが、
段々自分の中だけでなく、周囲にも発信していきたいという想いが強くなって、
雑誌の連載企画で自分の世界観を発信させていただくようになりました。
その経験がすごく楽しかったこともあり、
「何か形に残したい」と考えていたんです。
そんな時に、KOL ME BABYからご連絡をいただき「ディレクターをやってみないか」とオファーをいただき、
ぜひやらせていただきたいとお返事したんです。

とはいえ、実は「ディレクター」って、具体的に何をしていいか最初はわからなかったんです。
一番最初の会議で、はじめて「こんなに大変なんだ・・・!!」と驚きつつ、
同時にやりがいがありそうだなと思いました。

 

小浜

具体的には、ディレクターになられて、どんな大変なことや発見がありましたか?

 

香音

可愛いお洋服のアイディアはポンと出るのですが、ディレクターの仕事は、そこだけでは終わらないんです。
「あれがいい」「これがいい」と言うだけではなく、例えば、メーカーさんと、素材やコストについて何度も会議を重ねることはもちろんですし、タグひとつに関しても、「どんなものにするべきなのか」と考え話し合いをすることもあります。


小浜

タグも考えるんですね・・・!

香音

今話したことはほんの一部で、ブランドに関わるすべてを細部にわたるまで考え抜いて実現まで進めていくのがディレクターの仕事です。私は、みなさんにできるだけ良いものを買っていただきたいので、素材・デザインやコストとの兼ね合いは、
特にこだわって、本当に期限ギリギリまでスタッフさんと議論していますね。

 

小浜

ひとつのお洋服をつくるのも、簡単にはいかないわけですね。

 

香音

一番つくりたいものをつくるまでには、長い時間がかかります。だからこそ、最後の決断がすごく大変でもありますね。
私が考えたすべてのお洋服は、せっかく長い時間をかけて進めてきたのだから、どうにか世に出したいという想いはあります。
でも、ギリギリの所でどうしても納得がいかず、諦めたものも多いんです。

 

ぴな

「つくる」こだわりを感じます!モデルをされている時とはまったく違う神経を使うんですね。

 

香音

つくる側の苦労がわかりました。モデルとしての自分は、「いかにお洋服を良く見せられるように着るか」を大事にしますが、KOL ME BABYのスタッフとしては、「買ってくれた子が着る時に何が一番いいんだろう」と考えています。

 

小浜

表に出る側と、裏方と、両方経験しているからこそわかることですね。

 

香音

そうですね。モデルの仕事をしていても、着せていただくお洋服のこだわりがどこなのか?をより深く考えられるようになったと思います。

 

小浜

ブランドのディレクターさんは様々な年代の方がいらっしゃって、10代のディレクターは非常に若いと思うのですが、
「他の世代とここで違いを出そう」と意識していることはありますか?

 

香音

私より上の世代のディレクターさんがつくられているお洋服は、
その世代の目線から私たちの世代に提案していただいていると思うんです。
それに対して、私は、等身大の視点で「これが欲しい」を大事にしています。
例えば「インスタ映えスポット」へ行った時に、この服着たら着ぶくれして見えないかとか・・・。
つまり、その場所に行って「ばえる服」とか「気分が上がる服」ですね。
上半身だけ、「ここがばえてない」と「かわいくないじゃん」ってなってしまうと、良くない。
他にも、全身だったら、SNSのストーリー機能で友達等に撮られた時に、ばえていてかわいく見える、であるとか。
学生ならではのシチュエーションを意識して、どの角度から見られてもスタイルアップしてみえる服というのは、
より等身大に近い視点で提案できることだと思います。

 

小浜

学生のリアルな悩みに寄り添った提案をしているんですね!

 

ぴな

ところで、香音さんのインスピレーションの源はどこにありますか?

 

香音

小さい頃から海外映画や海外ドラマが好きで、海外ガールやプリンセスのような世界観に憧れていました。
映画のような現実離れした世界観に影響を受けているので、
そうしたこだわりを、ひとつひとつのアイテムに落とし込んでいます。

 

ぴな

今後はどのように活動を広げていきたいですか?

 

香音

洋服だけじゃなく雑貨なども提案したいです。
私のお部屋の世界観も含めて、まだまだ外に発信できていない部分がたくさんあるので、
そうした部分のプロデュース・ディレクションをしていきたいです。
たとえば、私はキラキラのステッカーなどが大好きで、お部屋のDIYの時に使ったり、
勉強で使うノートにも貼り付けています。高校時代は海外雑誌の切り抜きとステッカーを貼り付けた
すっごいキラッキラのノートで高校時代は過ごしていましたね(笑)。
あとは、スケボーも最近好きなんですが、1から可愛いものをつくりたくて、
コロナが落ち着いたら、ちゃんとしたお店に行って自作したいと思っています。

 

小浜

ノートがキラキラするだけでも勉強のテンションあがりますね!

 

香音

「これ香音のノートだよね!」って、先生にすぐばれましたね(笑)。

 

小浜

香音さんの毎日は、遊び心でいっぱいですね。

 

香音

もし、今あるものを「つまらない」と思ったら、自分で変えてしまえばいいと思います。
KOL ME BABYはそういう提案をしていきたいと常々思っていて、
例えば、お洋服についているブランドタグがとても大きいのですが、
これは、みなさんのお部屋の壁に張ってもらって、お部屋をもっと可愛くしてもらいたいなと思ってつくっています。
またWEBサイトも、単なる通販サイトではなくて、開いた瞬間ゲームの世界になっていたり、開くごとに変化があったりと、
いつ遊びに来ても楽しんでもらえるように心がけています。

 

小浜

香音さんが提案しているのは、「服であって服ではない」んですね。

 

香音

ライフスタイルを提案したいと考えています。

 

ぴな

「次世代を代表する人」っていう感じがしますね・・・!

 

香音

ありがとうございます。これからも、頑張らなきゃ!!

 

小浜

最後に、JKへの応援メッセージをお願いします。

 

香音

みなさんの中には、学校の勉強が好きじゃないよっていう人も多いと思いますが、
私も、中学高校生時代は、勉強が好きだったわけではなくて、やり始めるまで物凄く時間がかかるタイプでした。
でも、漠然でもいいから、好きなものや、大きな目標をつくってから、
そこに向かってどんどん自分をパワーアップしていく感覚でやっていけば、
勉強もやりがいを感じられるようになっていくと思っています。
それから、嫌いなものや苦手なものも、「自分の気持ちを上げる方法」を探っていくって、大事だと思うんです。
たとえば私なら、キラッキラのノートみたいに、勉強道具をかわいくするとか。好きなものに囲まれることで、
苦手を克服することができたので、みなさんも、「好き」を武器にして立ち向かうことで、
イヤなことは意外と簡単に乗り越えられることもあるんだということを伝えたいです。

 

小浜

香音さんは、KOL ME BABYを通して、女の子が楽しく生きるヒントを提案している、ということでしょうか?

 

香音

そんなことができるといいですね!ディレクターのお仕事をきっかけに、ファッションだけじゃなく、
勉強も含めて、「私たちの目線から見るとこうやって楽しめるよね」というのを、
10代ならではのアイディアで提案させてもらっているつもりです。
もし何かに悩んでいる子がいれば、そんな私の活動を見て「この人色々やってるな」と思ってもらって、
元気が与えられたらいいなってすごく思います。勉強は教えてあげられないけど、
自分の好きを全力で表現している姿を見てもらうことで、みなさんに元気を届けたいと思います!!

小浜

とても素敵なメッセ―ジ、ありがとうございました!今日はお話しできて本当によかったです!!


★★★KOL ME BABYについて詳しく知りたい方はこちら★★★

KOL ME BABY Official HP

KOL ME BABY Instagram


 



 

 

【畑芽育】Emmaryイチ推し!注目女優にインタビュー!!

今回はEmmary大注目の女優さんにインタビュー!

現在放送中の「荒ぶる季節の乙女どもよ。」以下、荒乙(あらおと))に出演中の
現役女子高生女優「畑芽育」さん!



「荒乙」は、“性”に翻弄される文芸部の女子高生たちを描いた作品。
刺激的なテーマではあるものの、コミカルかつリアルな女子高生の悩みに寄り添った観やすく、共感しやすい作品になっています!!出演者は、山田杏奈さん、玉城ティナさん、横田真悠さんをはじめとする豪華な顔ぶれ!!



『荒ぶる季節の乙女どもよ。』
《MBS》24 時 59分~/《TBS》25 時28 分~毎週火曜日放送中!

畑芽育さんは恋に奥手なおさげの女子高生「もーちん」役で出演中です!!

 

作品の見どころや作品への想い、そしてご自身のことについてお聞きしました!!

それではさっそくスタートです★

 

――「荒乙」に出演が決まった時の心境はどうでしたか?

畑芽育さん(以下、畑)

出演が決まった時は、共演する方々のお名前を聞いて、憧れの方々ばかりだったので、うれしくて「信じられない!」と言いながら家中を走り回ってしまいました、笑!人気マンガの実写化のお話だったので、緊張感はもちろんあったのですが、それよりも高揚感の方が上回っていました。その後、顔合わせ等を経て、段々と共演者の方々と馴染めてきて、また、容姿も「もーちん」へと変えていく中で気持ちも入って集中して取り組めたと思います。

 

――「もーちん」役にどのように臨みましたか?

玉城ティナさんの演じる「新菜(にいな)」のことを好きになる役柄で、同性を好きになるというのが、私には近しいテーマではなかったので、初めは想像がつかなかったのですが、色々勉強をしたり、ティナさんとたくさんお話していきながら、一つひとつ大切に役を作りこんでいきました。恋愛感情ではありませんが、人間としてティナさんのことがとても憧れなので、私自身、もーちんの心に近寄っていけたかなと思います。女性としても人間としても学ぶことがとても多くて、あんなにきれいで可愛らしいのに全然気取っていないところが、すごく素敵に思いました。

 

――撮影現場はどのような雰囲気でしたか?

みんながムードメーカーでした。泊りがけの撮影もあったので自然と仲良くなれてとても楽しかったですし、短期間での撮影でしたが濃密な日々を過ごすことができました。

 

――休憩中はどんなことをしていましたか?

みんなで歌ったり、踊ったり、ギャグを考えたりしていました、笑。特に面白かったのは、SNSの下書きや、スマホのメモ欄に眠っている言葉って何?という話題で盛り上がっていました、笑。下書きやメモ欄って、その人の本当の姿を知ることができる場所だなと思って、とても興味深かったです。

 

――「荒乙」の見どころについて聞かせてください。

撮影にあたっては、いっきに台本をいただいたのですが、ベタな表現になってしまうのですが、読んでいて本当に面白かったです。
8話すべてを通して、「荒乙」という作品が完成するので、しっかり最後まで見届けてほしいです。物語が進んでいくにつれ、みんながどんどん荒ぶっていく、恋だったり友情だったり、様々な気持ちが交差していく中で、1人ひとりが人間らしく成長していく作品です。コミカルなシーンも多く、テンポもよいので、リラックスして観ていただける面白いドラマだと思います。内容も、登場人物の誰かしらに共感していただけるような内容になっていると思います。

 

――設定はコミカルですがリアリティがありますよね?

女の子が性的なことに関して振り回されていくというのは、身近な話題だけど取り扱われにくい題材だと思います。ですが、誰もが避けて通れない、その意味では親しみやすいテーマだと思います。見ないようにしている本当の自分に向き合う物語を通じて、私自身も成長できたと思うし、Emmary読者さんも少し恥ずかしい気持ちもあると思いますが、一緒に成長してもらえるような作品だと思っています。

 

――ドラマの中に「死ぬまでにしたいこと」というセリフがあるが、ご自身が「死ぬまでにしたいこと」は?

月並みかもしれないですが、世界一周旅行をしたいです!あとは・・・、運命の人に出会って幸せになりたいです。今は、なかなか現れないので、自分一人で生きられる強い女性になりたいと思いつつも、幼い頃に見た童話の王子様に憧れる童心は残っていますね。

 

――「荒乙」を、どんな女子高生に見てほしいですか?

ぜひすべての女子高生にみてほしいです!10代の多感な時期の方々に共感してもらえる部分・助けられる部分もあると思います。私自身、成長して助けられた作品でもあります。みなさんの悩みに寄り添ってくれる作品だと思います。ドラマに出てくるのは、クセのあるキャラクターたちばかりですが、誰かしらに感情移入してもらえると思います!

 

――ご自身の目標について教えてください!

まず、目の前の目標としてはもっとたくさんの人に知ってもらって、もっと活躍できる女優さんになりたいです。そして、大きな目標としては、まだまだ私は色々な方々に学ばせて頂いている途中ですが、いつか「思いを提案できる」女優さんになりたいです。以前、香川照之さんと作品でご一緒させていただいたことがあるのですが、本当にかっこいいなと思いました。台本を見ながら、次のシーンの構成も考えて、監督さんにどんどん新しい提案されたりして、監督さんも「それいいね!」とおっしゃって、どんどん作品が面白くなっていくんです。本当にかっこいいなと思います。演技はもちろんですが、作品全体のことを考えて、スタッフさんと一丸となってより面白い作品へと高めていける女優さんになりたいです。

 

 

――畑芽育さん、ありがとうございました!!

 

現在放送中の「荒乙」の展開、とっても気になりますし、畑芽育さんの今後も楽しみですね!!

まだ観ていない方は、ぜひチェックしてください★

 

【小浜桃奈×古川優香】特別インタビュー!プロデューサー・古川優香の原動力とは!?

モデル・YouTubeで大活躍し、JKから圧倒的な支持を受け続け、現在では大人気のカラコン「メイメ!(MEiME!)」、リップ「RICAFROSH」といった商品のプロデューサーとしても活躍の幅を広げている「古川優香さん」




今回、古川さんに、Emmary編集長見習い・小浜桃奈ちゃんが特別インタビューさせていただきました。

つねに自然体の姿を見せ続ける、古川優香さんのこだわりや生き方とは??今や将来に悩む全JK必読です!!

小浜桃奈ちゃん自身もつねに憧れの女性として挙げていた古川さんに念願のインタビュー・・・!!

それではスタートです♪


小浜

モデル・YouTubeと、マルチな活動をされている古川さんですが、現在はカラコンやリップなどのプロデューサーとしても活動の幅を広げられています。プロデューサーとしての活動を始められた時の意気込みを教えてください。

古川優香さん(以下、古川)
今私は、カラコン「メイメ!(MEiME!)」やリップ「RICAFROSH」をプロデュースさせていただていますが、以前からコスメは好きだったので、カラコンに関しては10代の頃から「いつかはやりたい」とずっと思っていました。リップに関しては、“できたらいいな “くらいの感覚だったんですけど、お話をいただけた時は本当に嬉しかったです。両方とも、やらせてもらうからには、「完璧にこだわったものをつくりたい」と思って挑戦しました。







小浜

これまでモデルやYouTubeにと自己プロデュースをされてきた古川さんですが、今度は、商品をプロデュースして世の中の人に楽しんでもらうという点で、大きな違いがあると思いますが、実際にプロデュースされてみて、いかがでしたか?

古川
思っていたより大変なことも多かったんですが、実際に出来上がった商品を、ファンの子が使ってくれて良いと言ってくれたり、友達へのプレゼントにしてくれたりとか、「誰かの大事なもの」になっていると思うと、やってよかったなと思います。プロデュースは、YouTubeの活動とは違う感情になりますね。プロデュース活動は、一緒につくってくれるスタッフさんや、日頃応援してくれて商品を楽しみに待ってくれているファンの子がいるからこそできたことであって、一人でできたことじゃないです。そういう意味では、「みんなでつくっている」感覚があったので、商品として出来上がった時は、「感動」がありました。「みんなのおかげで」とか「みんなと一緒に」って言う人、よくいるじゃないですか。プロデュースをするって、本当にそういう気持ちになるんだなって実感しました。

小浜

具体的にどんなところが大変でしたか?

古川
自分のイメージしているものを、相手に的確に伝えることです。単純に「赤」とか「明るい」と言っても、メーカーさんやスタッフさん、それぞれでイメージしているものが全然違うし、仮に伝わったとしても技術的にやれるかやれないかという問題があったりもします。ものづくりは妥協しなくちゃいけない所もある、という話もどこかで聞いたことがあったし、締め切りが近くなればなるほど、「そういうものなのかな・・・」と思ってしまった時もあるんですけど、ギリギリのところで「やっぱイヤやな」と思って、自分が納得いくまで粘ることにしました。期限を過ぎてしまって色々な方にご迷惑をおかけしてしまったこともありますが、それでも「発売したときに自分が毎日好きで使うかな」と思った時に、「使わんかも」と思ったら、妥協するのは絶対イヤやと思って、最後の最後までこだわりました。商品づくりからビジュアルの撮影まで、自分が納得いくまでとことん付き合ってくださった関係者の方々には本当に感謝しています。

小浜
いいものをつくりたい、ファンの方々に喜んでほしい気持ちが原動力なんですね。情熱がものすごく伝わります。

古川
自分が「良い」と思っていないと、結局自分で使わなくなるってバレると思うし、何より自分がいいと思っているものじゃないと、堂々と皆に「良いよ」と言えないので。「良いよ」って自分で言えないものは世の中に出したくなかったんです。

小浜
たくさんの商品が世の中にある中で、古川さんのこだわったポイントは、どんなところにありますか?

古川
リップもカラコンも、たくさんの企業さんやたくさんのプロの方々が日々研究して作られ続けているものだし、世の中に良いものは無限にあるから、その中で差別化をするって難しいと思ったこともありますけど、私が最後に行きついた結論は、「私がやらせてもらうんやから、私が100点満点と胸を張って言えるものをつくろう」ということです。流行とかを気にするんじゃなくて、「自己満」できるものですね。自分自身が「これがないと無理!家を出たくない!」というものをつくりたいと思いました。

小浜

「自己満」を「とことんこだわる」っていうことですね。自己満って本来マイナスイメージの言葉として使われがちですが、古川さんのお話を聞くと、「自分が満足できるレベルに到達するまで一切妥協しない」という力強い意志が伝わってきます。

古川
みんなの手元に渡ると「こだわってよかったな」と思います。発売後にインフルエンサーの友達にプレゼントしたんですけど、ずっと愛用してくれてわざわざSNSで「これいいよ」と言って紹介してくれたり、地元の友達やファンの子も「使ってるよ」と言ってくれたりしました。そういうシーンを目の当たりすると、こだわってよかったなって思いますし、自分はすごく周りの人に恵まれていると再確認できました。

小浜
プロデュースする過程でも、商品ができあがってからも、古川さんが「人」をすごく大切にされているからこそ、周りの人たちも古川さんを大切にしてくださっているのが伝わってきます。



小浜
次に、古川さんご自身についてお伺いしたいのですが、高校時代は読者モデルから始められて、その後YouTubeで活躍され、今ではプロデューサーとしても活躍の幅を広げられている中、気持ちの変化や、昔の目標と今の目標の違いなどはありますか?

古川
高校生の頃には、目標はなかったです。東京へ来たのも友達がたくさんいるという理由しかなかったし、やりたいこともなければ、動くこともなかったです。その後、YouTubeをはじめて色んな人に見てもらえるようになってから、環境が変化してお仕事の幅も増えていく中で、はじめて色々とやりたいことが出てきました。そういう意味では必ずしも「目標がない=ダメ」ではないと私は思っていて、バイトでも友達と遊ぶことでも動いて経験を積み重ねていく中で、お金の大切さとか人の大切さとか、勉強になったことはたくさんあります。そうした一つひとつのことが大切だと思います。今では、やりたいことは色々ありますけど、だからといってそれをSNSで発言しようとは思わないですね。企業の人にアピールしたいわけでもないし、ファンの皆にはサプライズで喜んでほしいので。

小浜
SNSと言えば、古川さんのSNSって本当に自然体ですよね。

古川
SNSに関して言えば、何も考えていないです。友達に日常を見せるくらいの感覚です。ファンの皆も、親戚のおばちゃんとか親くらいの感覚で応援してくれているんじゃないかな?私が好き勝手やったりしていても、何も言わず付いてきてくれる人が多いです。いいファンの子が多いんだなと思います。

小浜
今はインフルエンサーマーケティングをはじめビジネスにSNSが活用されている中で、古川さんは本来のSNSの使い方をしているように思います。

古川
今の時代、もちろんインフルエンサーマーケティングはとても大事だと思いますけど、私はそうしたことを考えようとしても、うまくいかない人間だと思います。「こうしたらこうなるかな」という計算は全然できないです。本当にお勧めしたいものしか紹介したくないし、自分が微妙やなって思うものを勧めたら、たとえどんなに上手にやろうとしたとしても、そういう気持ちって、私の場合ファンの子に伝わってしまうと思うんですよ。ファンの子が喜んでくれるかな?ということだけを思っていますね。そういう意味では、好きなことしかやれない、わがままな人間だと思いますね。

小浜
つねに自然体で、正直な気持ちで、ファンの方1人ひとりを大事にされている感じが伝わります。

古川
ファンの子を大事にしていたら、私のやりたいことを、その子たちが叶えてくれるというか、「一緒に叶えられるんじゃないか」という気持ちでいます。フォロワーが多いことは素晴らしいことだと思いますけど、多ければ何でもできるわけじゃないと私は思うんです。「誰がフォローしてくれているか」が大事だと思います。これからも、私を応援してくれている皆が驚いてくれることをしたいし、喜んでほしいです。

小浜
魅力がすごいです、本当にかっこいいです。今後もどんどん様々なことを世の中に発信されていくのを楽しみにしています!貴重なお話しありがとうございました!!


つねに「人」を大切にする姿勢を崩さず、それでいて自然体の古川優香さんは、魅力がいっぱいで、JKが幸せに楽しく生きていくためのヒントをいっぱいいただけたと思います!!!!

古川優香さん、ありがとうございました!!!!!

 

★★★古川優香さんについて知りたい方はこちら!!!!★★★

古川優香さんのTwitter

古川優香さんのInstagram

古川優香さんのYouTube

古川優香さんプロデュースカラコン「メイメ!(MEiME!)」

古川優香さんプロデュースリップ「RICAFROSH」(リンク)

 

 

【ReoNa】待望の1stフルアルバム「unknown」に隠されたメッセージとは!?

Emmaryでつねに注目し追いかけてきた絶望系アニソンシンガー・ReoNaさん!!



なんとっ・・・!10月7日(水)に、
待望のファースト・フルアルバム「unknown」がリリースされました!!!!


さっそくEmmaryではインタビューをさせていただけることになったのですが、なんと・・・
何度も取材を受けてくださっているReoNaさんは、
これまでに取材させていただいたJKライターズの名前を憶えてくださっていて、
とても優しく応じてくださいました!



「unknown」に隠されたメッセージの秘密がわかるかもしれない・・・?
それではインタビュースタートです・・・!!

――
ファースト・フルアルバムをリリースされる心境について教えてください。
ReoNa
さん(以下、ReoNa)
まずは、本当に聴いていただきたい1枚が出来あがったなという想いです。今までのReoNaの足跡を含めて、あらためて、皆さんに絶望系アニソンシンガーですよと言える、「私はこういう者です」と言える名刺がわりにできるような1枚が出来あがったと思っています。

――
「unknown」に込められた意味とは何でしょうか?
ReoNa
SNS
のプロフィールなどで、誰もいないところに「unknown」と表示されることに由来しています。去年のReoNaの原点を記す“ReoNa ZERO”プロジェクトでは、「ソードアート・オンラインオルタナティブガンゲイル・オンライン」の劇中アーティスト、神崎エルザとしてのシングル「Prologue」、ReoNaとしてのシングル「Null」ReoNa Live Tour 2019“Colorless”に代表されるように、原点、何者でもないところから始めたわけですが、何もない所から絶望を歌う、自分自身を歌う、その先にある初めてのアルバムはどんなふうにしたいだろう――?と考えた時に、何者でもない、名もなき歌、名もなき絶望をもって、誰かに寄り添えたらと考えて「unknown」という言葉を選びました。

――
今回のタイトルトラック「unknown」では、より絶望系アニソンシンガーのコンセプトが研ぎ澄まされている感じがします。
ReoNa
デビュー以来、あらためてお歌を受け取ってくださっている方々の想いだとか、いただくお手紙だとか、ライブでの反応だったりとか、受け取ってもらえる相手が見えてきているところもあります。そこで、あらためて皆さんが抱えている痛みに、どう寄り添いたいのか、寄り添えたらたらいいのか、というものはより鮮明に見えてきていると思います。

――
「unknown」のジャケットやMVを観ても、これまでよりさらにメッセ―ジ性をストレートに表現されているように思います。
ReoNa
MV撮影に関しては、監督と2人お話をさせてくださいとお願いして、どのようにして自分自身をさらけ出すのか、誰に向けて歌うのか、どういう気持ちで、どういう方向で歌うのかということなどをお話ししました。特に、「unknown」の歌詞の中で「あなたらしく生きれないとしたら/それは優しいあなたのせいじゃない」という言葉だったりとか、「本当の自分をさらけ出したら/きっと壊されてしまう」だとかは、まさに過去も今も自分自身が誰かに言ってほしかった言葉だと思っています。過去の自分自身が言われたらきっと救われるであろう言葉で、過去の自分自身にも歌いかけるように、ということを考えながらMVを撮りました。

――
「空が青いのは空のせいじゃない/夕焼けが赤いのも陽のせいじゃない」・・・という歌詞も、人と人とが分かり合えないことを象徴しているようで、とても印象的です。
ReoNa
「青」だとか「赤」だとか、名前をつけたのは私たちであって、本当に同じ色を観ているかどうかは、わからないですよね。共通認識として「青」「赤」という言葉が存在しているだけで。もしかしたら私が「赤」だと思っているものも、あの人にとっては緑色なのかもしれないし。同じものを見ているようで、違うものを見ているというのは、本当の心のありのままをわかってもらえないことに通じているかもしれないです。

――
全体のアルバムのラインナップについて、こだわりはありますか?
ReoNa
各楽曲についてはもちろん、曲順についてもたくさん考えました。ラインナップについて言うと、まず最初にアルバムを流した時に、タイトルトラック「unknown」を耳にしてほしいです。できることなら1曲目から順番に通して聴いてほしい想いがあります。今までシングルとしてリリースしたことがある楽曲を含めて、最初から最後まで聴いてもらうとしたらどういう曲順がいいのかを、自分自身が提案しました。より没頭してもらえる、ストーリーを感じてもらえる曲順は何なのか?一緒に楽曲をつくってきたスタッフさん含め、全員が納得した結論が、収録順になっています。

――
特に注目してほしいポイントはありますか?
ReoNa
本当に各楽曲に対してこだわったので、11曲語れるのですが、あえて取り上げるなら、「怪物の詩」「Let it Die」の並びです。Let it Dieは音源化されるのは今回初めてですが、どちらもライブではずっと歌い続けてきて、この曲順で歌ったこともある楽曲なので、普段お歌を受け取ってくださってきた方に対しても「自分の耳元で音源で流れる瞬間」を想像して並べました。「BIRTHDAY」「いかり」「心音」の流れも、すごくしっくり来ていて、新しい楽曲でなおかつ自分自身をえぐる楽曲が並んでいる所で、痛い言葉が続くのですが、言葉の面でも音楽の面でもスタッフさん含めみんなが納得した並びですね。
また、「できる限り良い音で届けたい」という考えで、音にもこだわって作っています。「forget-me-not」「SWEET HURT」は、今回アナログ収録を通して生まれ変わった音になっています。エンジニアさんから「空気ごと録っているんだよ」と言われたのですが、あらためて、空気の音や温度感を含めて、あたたかくなったお音で楽しんでもらいたいと思います。今回、どういうふうにReoNaの声をお届けするかということでたどり着いた結論です。

――
「人間ごと」録っているのでしょうか。
ReoNa
呼吸や温度、人の想い、考えごと、できるだけそのまま届けたいという想いがあります。

――
最後になりますが、今、高校生たちは、コロナ禍ということもあり、たくさんの不安を抱えていると思います。フルアルバム「unknown」にかけて、Emmaryの読者へメッセージをお願いします。
ReoNa
どう言葉を紡いだらいいのか、本当に難しいのですが。私もツアーが中止になったりしたのですが、抗いようのないものに苦しめられることを、理不尽と言うのだと思うのですが、今まさに理不尽と言う形で、自分自身が制限されている、それは、まさに「あなたのせい」ではないと伝えたいです。1人の時間が増えてしまっている人も多いと思いますが、学生時代、私は、望んだ形ではありますけれど、例えばお歌であるとかアニメであるとか、そうしたものを見つけて1人ひた走る形になったように、ただ今という状況を苦しむのではなく、自分の逃げ道、自分を大切にできるもの、慈しめるもの、そうしたものに出会うことも大切なことだと思います。それは巡り合わせなので、1人の時間も無駄なこともないのではないかと思います。時に、1人の時間にさせられることは本当に苦しいですが、その時「unknown」の中に、1つでも寄り添える言葉があればいいと思っています。

――ReoNaさん、
ありがとうございました!!



ReoNaさんの熱量が伝わるファースト・フルアルバム「unknown」
ぜひ、女子高生の皆さんに堪能していただきたいと思います!!!!!

《unknownの情報はこちらをチェック!》

映画「小説の神様」長編映画初出演♥莉子さん単独インタビュー!!

10月2日(金)に公開された
映画『小説の神様 君としか描けない物語

誰よりもまっすぐで繊細な売れない作家・一也(佐藤大樹)と、秘密を抱えたドSな売れっ子人気作家・詩凪(橋本環奈)、真逆な2人の高校生小説家がまさかの共作で大ベストセラー小説を目指す!好きだからあきらめない姿に胸がアツくなる、共感度No.1青春ストーリー!

 

今、全国の高校生からの共感を集めている大人気映画に、長編映画初出演!!

佐藤大樹さん演じる“一也”の妹で、心臓に持病を抱える女の子“雛子”役を演じた「莉子さん」へ、
Emmaryがインタビューさせていただきました!!




今回インタビューさせていただいたのは、JKライターの“やぎちゃん”“ぴな”ちゃん!!


莉子さんから、「Emmaryは、いつも読んでいます!」と言っていただきめちゃくちゃ感動しました・・・・・!!!!なんていい人なんでしょう・・・!!

 

【取材前イベントの様子】取材前にお伺いしたイベントでは、主要キャストの皆さんが勢ぞろい。莉子さんは、「私はひとりっ子ですが、佐藤大樹さんのようなお兄ちゃんがいたらいいなと思いました」とお話しされると、佐藤さんはユーモアたっぷりに「コメントが完璧すぎて、僕の株が爆上がりですね」と返されるなど、とても和やかな雰囲気でした。

 

それではさっそくインタビュースタートです♪

 

ぴな
長編映画初出演ということで、出演が決まった時の心境と意気込みを教えてください!

莉子さん(以下、莉子)
私はオーディションを経て雛子ちゃんを任せていただけることになったのですが、オーディションを受けた時も雛子ちゃん役が決まった時も、ずっと緊張していました。本格的な演技も初めてだったので不安もありましたが、「今、私にできることは雛子ちゃんとして全力で生きること」だったので、魂を込めて頑張ろうという意気込みで臨みました!

 

やぎちゃん
本作を通じて、女子高生に注目してほしいポイントや、雛子ちゃん役の見どころを教えてほしいです。

莉子
私たちの世代は、どうしても「小説離れ」している部分があると思うのですが、この映画は全編を通して「小説」が大きなテーマになっているので、ぜひそこに注目して小説の素晴らしさを感じてほしいです。また、雛子ちゃんは本当に強い子なのですが、同時に病気と闘っている孤独感も抱えています。私を含めて多くの人が、受験や将来、人間関係等・・・、不安な部分を抱えながら日々生きていると思うのですが、頑張って前向きに生きる雛子ちゃんから勇気をもらっていただけたら嬉しいです。

 

やぎちゃん
雛子ちゃんを演じる際に、大変だったこと・やりがいに感じたこと、莉子さんが感じた雛子ちゃんとの共通点を教えていただきたいです。

莉子
雛子ちゃんは前向きな子なのですが、病気を抱えているので、普通に過ごしている子たちとは違う元気の良さを出さないといけない、そこの繊細なバランスをとることに苦労しました。演じることは簡単ではありませんでしたが、役に没頭する中で、前向きに生きる雛子ちゃんに、私自身が助けられたことも多かったように思います。共通点としては、私も雛子ちゃんも、普段のテンションは近いということです。でも、私より大きなものを雛子ちゃんは抱えているので、雛子ちゃんのことを応援しつつ尊敬している、というように思います。

 

ぴな
本作を通じて莉子さんご自身が学んだことはありますか?

莉子
私はこの映画で、初めてと言って良いほど、本格的な演技の機会をいただきました。本当に右も左もわからないまま飛び込んでしまった中で、久保茂昭監督をはじめ共演者の方々から多くのことを学ばせていただきました。特に印象的だったのは、久保監督から、脚本には表されない部分まで詳細に雛子ちゃんの設定を考えるようにとアドバイスをいただいたことです。その時に、演技の奥深さ・面白さを知ることができました。「演技ってこんなに面白いんだ!!」と思えたのは、この映画だからだと思っています。また、年上の方々と共演する中で、人間としても成長することもできたと思っています。

 

ぴな
佐藤大樹さんや橋本環奈さんとのエピソードはありますか?

莉子
佐藤さんも橋本さんも、ずっとTVで観ていた方々なので、共演するにあたって私はすごく緊張しましたが、お二人とも全然気取らない方で、休憩時間も積極的に話しかけてくださって、とても安心して撮影に臨めました!
また、佐藤さんの演じるお兄ちゃんに、ぬいぐるみを投げるシーンがあるのですが、私、人生で人にものを投げるのも初めてで・・・、「本当にごめんなさい・・・!」と思っていたのですが(笑)、佐藤さんが「全力で投げていいからね」と言ってくださいました。すごく優しい方だなと思って感謝しながら、力いっぱい投げさせてもらいました!ぜひ観ていただきたいシーンです。

 

ぴな
本作とからめて女子高生に伝えたいことはありますか?

莉子
本作の登場人物たちは、何か問題や悩みを抱えつつも、全力で自分のやりたいことを最後まで成し遂げる姿が印象的なのですが、みなさんの中でも、今まで周囲に何かを言われて諦めそうになったり、「本当はこうなりたかったんだけどな・・」「自分で何がやりたかったんだっけ・・・?」と思うことがたくさんあると思います。でも、自分が思ったことこそが、やりたいことだと思うので、みなさんも最後まで諦めることなく頑張ってほしいと思います。

 

やぎちゃん
現在、モデルに女優に活躍されていて、大変お忙しいと思いますが、その中でのリラックス方法があれば教えてください!

莉子
私は学校とお仕事をずっと両立させていただいているのですが、学校の友達と過ごす時間が本当に大好きです。学校に行くことが息抜きです!仕事がお休みの日は、学校の友達とご飯に行くのが楽しみです。ちなみにそのご飯というのは、焼肉とか結構男前な感じです(笑)。ガッツリ食べます!

ぴな
今後の目標はありますか?

莉子
自分がやりたいことは全部実現したいですが、演技に関して言えば、この映画に出演させていただいたことで、演じることがとても好きになったので、今後は自分と同じ高校生役から、自分のイメージとはまったく異なる役まで、色々な役に挑戦していきたいです!

 

莉子さん、ありがとうございました!!!!取材の合間ではJKライターの緊張をほぐそうと、学校の話などの雑談もしてくださって、とても優しい方でした・・・♡ 同い年とは思えない神対応に感動です・・・!!!!


映画『小説の神様 君としか描けない物語』は絶賛上映中です!!
莉子さんが全力で生きる“雛子ちゃん”をぜひ劇場で観てください♪♪

 

映画『小説の神様 君としか描けない物語』公式サイトはこちらから!

©2020映画「小説の神様」製作委員会

【佐藤大樹】インタビュー!青春映画『小説の神様 君としか描けない物語』文芸部員と過ごした撮影時の思い出とは

 

佐藤大樹さんと橋本環奈さんW主演としてすでに注目を集める、

 

映画『小説の神様 君としか描けない物語』

 

 

 

ナイーブな売れない小説家とドSな人気小説家。

対照的な二人が1つのベストセラーを生み出す…?

 

“高校生小説家”という新しい設定でありながら、劣等感や高校生ならではの悩みが描かれているのも見どころの1つ!

 

今回は、本作より、主人公“千谷一也”を務めた

 

\♡佐藤大樹 さん♡/

 

にお話を伺いました。

 

 

 

 

◆作品について

 

――佐藤さんが一番尊敬されている久保監督が、アドリブ力を絶賛していたとのお話を伺いしました。

 

佐藤大樹(以下:佐藤)

『とんでもないです(笑)

雨にうたれて帰ってきて家の床に服を叩きつけるシーンであったり、叫んだりするシーンは全てアドリブでやりました。』

 

 

 

――アドリブでリアルな演技をされていたんですね。どのようにして、佐藤さんなりのアドリブを活かした演技をされたのでしょうか。

 

佐藤

『台本にもト書き(演出や状況を指定する文章)はなく、僕自身もクランクインするまでは決めてなかったんです。あの状況に追い込まれた時に、今までに見せたことがない一也を見せた方がリアルなのかなと思ったんです。

一也の家に置いてあるお父さんの遺影を見て、彼だったらきっとこうするというのをテスト撮影の時にふと思い、アドリブとして入れて演じました。』

 

 

 

――そうだったんですね!一也を演じるにあたって、クランクイン前に準備されていたことはありますか?

 

佐藤

『「バクマン。」などといった、出版社が舞台となる物語にすごく興味があったということもあり、また、本作のテーマでもある“共作”を実際にしている方に時間をいただいて、色々教えていただきました。あとは、久保監督とそれぞれが思う「一也」について、3時間くらい意見を出し合いました。』

 

 

――どんな話し合いになりましたか。

 

佐藤

『実際に活躍されている高校生作家の本を調べながら、互いの“一也像”を擦り合わせたんです。久保監督と一緒に一也というキャラクターを作り上げることが出来ました。』

 

 

 

――今までの作品とは違い、“黒髪”の佐藤さんはとても新鮮でした。

 

佐藤

『そうですね。“黒髪”の役は、長編映画では初めてだったので、新鮮なものであったし、自分なりにはかなりのトライだったと思います。あとは“僕”という一人称は、あまり普段では使わないものだったので、新しい自分も表現できたと思います。』

 

 

 

――久保監督と文芸部の部員4人でクランクイン前に実際の校舎に足を運んだとお話もお伺いしました。思い出に残っていることは何かありますか。

 

佐藤

『家よりも長くいたであろう部室をみんなで見て、それぞれの定位置ってどこなんだろうと話をしたりしました。』

 

 

 

――色々な出来事を見守ってくれた部室のエピソードは、何かありますか?

 

佐藤

『久保監督の作品は美術にまでこだわっていて、見えないところにもかなりのこだわりがあるんです。今回も部室の至る所にありました!みんなで“隠れ久保愛”を探す遊びとかしていました(笑)』

 

 

 

――部員と過ごした撮影期間中で思い出に残っている出来事はありますか。

 

佐藤

『文芸部の部長の正樹(佐藤流司さん)がすごく汗っかきで、汗をかくたびに撮影が止まっていました(笑)

外での撮影では、テニスのシーンが大変だったことが思い出です。秋乃(杏花さん)の妄想の中で、詩凪(橋本環奈さん)とダブルスでギラギラしながらプレイするシーンの撮影だったんですけど、ラリーを実際に自分達がやらなくてはならなかったので、空き時間はみんなで汗だくになりながらテニスの練習をしていました。

みんなで青春を楽しんで本作を撮れたことが何よりも思い出に残りました。』

 

 

 

――久保監督が作り出した本作は、一つ一つのシーンがMVのように綺麗でした。佐藤さんのお気に入りのシーンはありましたか。

 

佐藤

『どの場面も綺麗で選ぶのが難しいですね…。“章”の始まりのシーンで、特に詩凪の始まり方はお気に入りです。台本にはあんなこと書いてなかったので、映像を見た時は鳥肌が立ちました。もう一回観たいです(笑)

“章”の始まりは、是非注目して観てほしいです。』

 

 

 

 

◆ご自身について

 

ーー佐藤流司さん演じる正樹は、文芸部部長でありながらも一也を一番に支えてくれる友人でした。本作は、2人の友情も見どころの一つだと思います。佐藤さんにとっての“友情”とは、どんなものだと思いますか。

 

佐藤

『やっぱり小中高の地元の友達の存在そのものですね。いつになっても色褪せない友情です。特に男の友情って一度繋がったら中々崩れないもので、実際に何かあった時に最終的に頼れるのは、正樹みたいな友人なんだなと改めて感じています。』

 

佐藤さんのお話を伺って、今いる友達一人一人のことを是非大事にしたいと強く思います。

 

 

 

――一也は、「高校生でもあり小説家」でしたが、佐藤さんが今高校生だとしたらどんなことをしたいですか。

 

佐藤

『放課後に男女6人くらいで“制服デート”してみたいです。タピ活とか…(笑)あとは部活をやりたいです。中高はサッカー部だったんですけど、今は演劇部とか映画部にすごく興味があります。大人の力を借りないで、自分達だけで脚本を考えたり、照明・カメラも自分達だけでやって作り上げる部活にすごく興味があります。』

 

 

 

――入部された場合は、演じる側としてでしょうか?

 

佐藤

『いえ、作る側からですね!監督・脚本・撮影、そして主演も全部やりたいです。』

 

 

 

―――作品を作ることになったら、ぜひ久保監督のような作品を生み出していってほしいですね!

 

佐藤

『いや〜、多分100年かかると思います(笑)久保監督はそのくらい僕の中でも大きい存在なので、作るとなったら参考にさせていただきたいです。』

 

 

 

 

◆最後に

 

――勉強・部活で不安を持っていたり、学校生活で悩んでいるEMMARY読者の女子高校生にアドバイスや応援メッセージをお願いします。

 

佐藤

『僕も皆さんと同じ時期に悩んでいました。将来のことも考え出す時期でもあると思うんです。好きなことってなんだろう、将来の為に今何すればいいんだろうと悩むかもしれないけど、「好きこそ物の上手なれ」の言葉。一也には小説があったように、“自分にはこれだ”と思うことを今のうちに見つけてほしいです。

それに向かって突っ走っていけば、明るい未来はあると僕は思っています。時間がかかってもいいので、日々アンテナ張りまくって頑張ってください!』

 

佐藤大樹さん

ありがとうございました!!

 

好きなことをあきらめずに挑戦し続けた先で、2人が生み出す〈物語〉。

 

小説の世界観を類まれな映像美で表現した、素敵な作品になっています!

 

本作の主題歌を始めとする、挿入歌はすべて“女性アーティスト”の方が担当されています。

これも本作のこだわりの一つ!

 

 

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は10月2日(金)公開です!

 

 

公式サイト

https://movies.shochiku.co.jp/shokami-movie/

 

■公式Twitter

https://twitter.com/shokami_movie

 

 

ヘアメイク:藤原早代

スタイリスト:jumbo(speedwheels)

【JK共感間違いなし!】注目ガールズバンド「ЯeaL」を聴こう!

Emmary編集部イチ推しの関西発のガールズバンド「ЯeaL」をご紹介します!!

作詞作曲を手掛けるRyokoさん(Vo.&Gt.)を中心に2012年に結成されたЯeaLは、
高いパフォーマンス力を武器に話題を集め続け、
メジャーデビュー前にして超大型フェス「SUMMER SONIC 2015」に出演!
2017年3月、3rdシングル「カゲロウ」が、TVアニメ「銀魂.」のオープニングテーマに大抜擢され、その後、「ポケットモンスター サン&ムーン」「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』など、数々のアニメ作品のテーマソング等を手掛けてきました。

そして2020年9月16日に、2枚目のアルバム『ライトアップアンビバレンツ』をリリース!!
勢いが止まらないバンドです!!!



何といっても魅力は彼女たちからみなぎるメッセージ性。
インタビューをしたEmmary編集部も、思わず熱い気持ちになりました。
JK共感間違いなし!!のバンドです!!

それでは、インタビューをお楽しみください♪



――バンドの結成経緯について教えてください!!
Ryoko
結成は中3の時で、歌も始めていない、曲も書いたこともない、楽器もない状態で、「売れるバンドつくりたい!」と思い立って、ネットの掲示板に、「私についてきたら売れるんで誰かバンドつくりませんか」と書いたんです。そこで、返事がきたのがFumihaです。


Fumiha
よくわからない怪しいサイトだったんですけど、笑。


Ryoko
Fumihaの友達だったAikaは「太鼓の達人」が得意ということで、受験勉強あると言っていたのを、無理やり私が説得して引っ張ってきました(笑)

Aika
誘われた時は軽い気持ちでしたね。
Fumihaにバンドやらへん?て言われて、Ryokoに最初会った時は、
かわいい「萌え萌え」な雰囲気で、「バンドやりませんかぁ~?」言われて、
まあやろっかなと思って始めたんですけど、いざやってみたらめちゃめちゃ本格的で、笑。



Fumiha
ここまで成長するとも思わなかったね。


――結成してどのくらい経ちますか?
Ryoko
8年くらいです。もともと仲の良かった友達どうしで始めたわけでもないので、ここまでやってこられるのが信じられないというか、感動していますね。


――アニメを中心に、数々のテーマソング等を手掛けていて、とても順調に思えますが、どうですか?
Ryoko
そんなことはないですよ。つねに踏んだり蹴ったりだし、ずっと戦っている感覚があります。
自分自身どこまでできるのか、もがいてきたという点でもそうですが、始めたばかりの頃は女子中高生がバンドをやるということに対して、「高校生のギャルがおしゃれでやっている」という感じだったりとか、曲も自分たちで書いてないだろと言われたこともありますし、女子がどれだけ技術を高めてもあまり評価されてなかったのがコンプレックスでした。ですから、つねに戦っている気持ちでやってきた10代でした。20代に突入して、ようやく認めていただけてきたように思いますが、それでもずっと戦っている感覚はありますね。


――エンタテイメントの世界を目指し続けるというのは、親御さんの反対などもありましたか?
Ryoko
中学校の頃から学校に行かずに反発し続けてきた人間なので。音楽をやるということに対しても、いまだに反対されているかな。ようやく「銀魂」の頃から協力してくれるようにはなりましたけれど。自分がこれで突き進もうと思ったら、誰かのせいにしてはいけないと思います。自分がやりたいと決めたら、自分がすべての責任を背負う覚悟で、周囲の反対を押し切ってでも続ければいいと思います。

Aika
私のお母さんはいまだに反対していますよ。親って、ずっと反対してくると思うんです。なんだかんだ、応援してくれているとは思うのですが、「ここまでやったから認めてくれる」ということは、ないと思います。やり続けることだけが大事なことだと思います。

Ryoko
自分の行動ひとつですべて変わると思うんです。仮に周囲に反対されて、辞めようと思うのだったら、それまでのことだと思います。それでもやりたいなら、すべてを押し切ってやるべきだと思いますね。

Fumiha
私が思うのは、最初の一歩を踏み切れない子は、「ついていける人」を見つける、というのはテクニックだと思います。私たちみたいに。仲間を見つけて動き出すっていう考え方も大事だと思いますよ。


――周囲の反対を押し切ってまで続けるって、すごい行動力ですよね。

Ryoko
楽器もないし曲も作ったこともないしバンドもやったことはないけれど、私には絶対やるという信念と、絶対に「上に行ける」という確信がありました。学校生活や集団生活になじめず、ずっと反発してきた人間だったのですが、行動する力は誰よりも持っているという自信がありました。周囲から、「お前には何もできひん」と言われようとも、絶対成功するんだという気持ちでネットの掲示板に書き込んで、それに対してメンバーがついてきてくれました。思い返せば、8年間むちゃくちゃなこと言ってきました、それこそ、すごく大それたことを言ってきたから、最初はメンバーからも反発や疑いもありました。一つずつ叶えていく中で、徐々にメンバーも信用して、「Ryokoのやりたいことやったらいいよ」という関係性にまでなれたと思います。

――むちゃくちゃなこととは何ですか?
Ryoko
思い出すのは、中3から高1になる春休みの間、まだバンド結成3か月なのに遠征ライブに行こうと言ったことですね。全部ひとりでスケジュール組んでしまって。バンドとして良いことだから、やろうと言って、受験とかも無視して、バンドやるってこういうことやから、って言って半ば無理やりに。ライブハウスに電話して無理やり入れてもらったりしていました。他にも東京行って勝手に企業に打ち合わせに行ったり。メンバーからしたら、なんやこいつ、という感じになっていましたね。でも、そういうことを経てレーベルが決まったり、サマソニ等の大きなフェスへの出演が決まったりとか、そういうことを経て、とりあえずついていこうという空気になってくれたと思っています。私は、むちゃくちゃだと思ってないんですけどね。バンドをやるにあたっては、当然のことだと思ってました。バンドのために生きていこうと思ったら、できないことはないんです。そのスタンスでやってきたんで。

Aika
今では、「もっとめちゃくちゃせえへんの」って言うくらいになったよね、笑。

Ryoko
ついてきてくれるのも才能なんですよね。やれるやれへんじゃなくて。それは2人のすごい所だと思います。


――今回のアルバム「ライトアップアンビバレンツ」について教えてください!
Ryoko
アルバムを出すのは3年ぶりなんですが、3人でできる今の精一杯だったり、コンセプトも「光と影」としているのですが、人の内面をえぐるような、それでも最後には救いになることを目指したアルバムになっています。今まではわかりやすいものを届けたいという想いが強かったんですが、これまで自分の中で見せていなかった素の感情をなるべくそのままえぐりとって表現したいという想いで出しました。


――アルバムの聴きどころについて教えてください!
Ryoko
1枚のアルバムを通して、ひとつのストーリーなので、1回は最初から最後までを通して聞いてほしいです。

Aika
私が推している曲は、「Dead or Alive」ですね。歌詞もすごくいいです。レコーディングの時の話になるのですが、ドラム1発撮りなんですよ。これは、知り合いの方から「ドラムが歌っている」と言われて、うれしい表現やなと思っています。

Fumiha
サイレンサーを推しています。歌詞を見ていただきたいですね。

Ryoko
特に、中高生に聴いてほしい曲は、「サイレンサー」と「Discord」です。「サイレンサー」は、孤独を感じている様子を表現している曲というか、すべての物事に対して「変わらないで」と願っている曲です。「Discord」は、学校生活や集団生活の中で自我がわからなくなったり、社会の中で疎外感を感じたりとか、そういうふうに追い詰められた時には、特にこの曲を聴いてほしいと思います。誰かの心を救う力があると信じています。

Fumiha
曲を書いてる人が学校に行ってないっていうのが、励みになるかな、笑。

Ryoko
世の中の当たり前を受け入れるのか?反発するのか?周りに合わせて自分を押し殺してしまうのは違うと思うので、そういう良い意味で、励みになればいいなと思ってDead or Aliveを書きました。何をするにも反発するくらいの気持ちがあるなら殻を破ってほしいと思うし、誤解を恐れずに言えば、「死ぬくらいの覚悟」があれば何でもできると思う。そこまで真剣に考えられるんやったら生きていけるよと、私は思います。


――ものすごく熱いメッセージ、心に響きます。最後に女子高生への応援メッセージをお願いしたいです。
Ryoko
高校生の間に感じることって、「その時にしか感じられない」貴重なものだと思います。みなさんが将来や人間関係に悩んだり苦しんだりしている時も、ЯeaLはずっとここで音楽鳴らし続けているので、みなさんは、自分の進むべき道を、たくさん考えて歩んでいってください。


――ありがとうございました!!

 

インタビューをさせていただいて、ぜひ女子高生にも触れてほしいバンドだと思いました!!
ぜひ「ライトアップアンビバレンツ」聴いてみてください・・・!!


【YouTube】小浜桃奈・西綾乃が土下座!?メンヘラ牧場とNONSTYLE井上さんが爆笑コラボ!!

みなさん!チームシンデレラ発のメンヘラ集団「メンヘラ牧場」
YouTubeは見てくれていますか?♥

【最新動画はこちら!】


メンヘラ牧場が、このたび人気芸人のNONSTYLE井上さんと
コラボさせていただきました~~~!!!!
なんと!!Emmaryのぴえん部屋に、井上さんが遊びに来てくれたんですよっ♪
リーダーのももりん(小浜桃奈ちゃん)は、井上さんと一緒にお仕事をしたこともあり、
とても面白い掛け合いになっています!!

果たしてメンヘラJKとナルシスト40歳が出会うと、どんな化学反応が起こるのか・・・!?
メンバーがポロッと口にする言葉、それに対する井上さんの反応に、
思わず笑ってしまいます・・・★

コラボの様子は、井上さんのYouTube「NONSTYLE井上365 チャンネルで観られます!
メンヘラ牧場からは、ももりんあちゃんななみんツキちゃんの4人が出ているので、
ぜひチェックしてくださいね★



なんと!!
なんと!!
なんと!!
実はそれだけではないんです・・・!!
井上さんは、メンヘラ牧場のチャンネルでも撮影していただきました!
その動画は後日更新させていただきますので、お楽しみに・・・!!


【武藤彩未】新曲「マーマレード」インタビュー!!

なんとっ!!Emmaryでは2回目のインタビュー!
レトロな80'sの世界観を歌う、編集部イチ推しの「武藤彩未さん」
「さくら学院」の初代生徒会長(リーダー)で、卒業後、ソロアーティストとして活躍しています!



今回は、9月2日(水)にリリースされた新曲「マーマレード」についてインタビューさせていただきました★



それでは早速スタートです♪

 

――今回の「マーマレード」はどんな曲になっていますか?

武藤彩未さん(以下、武藤)
内容自体は恋する女の子の気持ちを歌ったものですが、この歌では、切ない恋の終わりを描いています。
「楽しかったあの時に戻りたいな・・・」という女の子の後悔、恋の甘酸っぱさを感じられるものになっています。

 

――切なさとは対照的に、曲は明るいサウンドになっていますね?それがまた「楽しかったあの頃」を思い返させる、切なさを引き出しているような気がします。

武藤
そうですね、曲自体は、バンドサウンドになっています。「恋の終わりの切なさ」「軽快な曲調」のギャップを楽しんでほしいです。
また、私の曲は、根本的には80'sをテーマにしているので、メロディはシンプルだったりするのですが、あまり意識しすぎるのではなく、今っぽいバンドサウンドにすることで、10代の女の子にも聴いてもらいやすくなっていると思います。

 

――マーマレードというタイトルはどのように思いついたのですか?

武藤
マーマレードって、甘さや酸っぱさ、色々な味が詰め込まれていると思っています。「幸せだった時」、「恋の終わりの切なさ」など、色んな気持ちが詰まっているこの曲とぴったりだと思いました。
また、マーマレードってオレンジ色が多いと思うのですが、歌詞に出てくる「夕焼け」等にもリンクさせたりしています。夕陽の時って感傷的なイメージも想起させるので、そういう部分も「オレンジ色の気持ち」と表現しました。他にも、「片耳ずつのイヤホン」とか、恋する女の子がキュンとするような、他愛ないけど幸せを感じられるシーンも詰め込んだので、ぜひ歌詞には注目してほしいですね。

 

――歌詞にも、80'sっぽさが出ていますよね。

武藤
今はイヤホンって、ワイヤレスも増えていますからね。「時計の針」という歌詞も出てきますが、
今はスマホでデジタル数字で見られますからね。そういう部分に、懐かしさを感じてほしいですね。


――ジャケットのイラストもおしゃれですね!描きおろしですか?

武藤
今回の曲のために描いていただきました!人物が描かれていないところに「切なさ」を持たせました。
また、歌詞に出てくるモノも、イラストに描きこまれているんですよ。
ぜひ曲とジャケットを合わせて楽しんでいただきたいですね。

 

――いろいろな角度から楽しめるのが、「マーマレード」なんですね!!

武藤
はい!ぜひ曲、歌詞、ビジュアルともに、女子高生の皆さんに楽しんでほしいです。

 

――恋に悩む女子高生にアドバイスなどはありますか?

武藤
マーマレードの歌詞に「時計の針戻して」とありますが、実際は戻らないじゃないですか。
それは、ポジティブに考えたら、「いつか時間が解決してくれるよ」という意味があると思うんです。
その間は、ただ物思いにふけってしまうと思い出したり悩んでしまうと思うので、
自分の好きなことに思い切り打ち込むなどして、時間を有意義に使ってほしいですね。
そうすればいつかつらいことなんて忘れられるだろうし、次の恋にも出会えると思います!

 

――レトロな世界観を歌う武藤さんですが、私生活でもレトロが好きなのですか?

武藤
そういう部分もあると思います!!今は、フィルムカメラを極めたいと思っていて、街の風景などを撮っています。
フィルムで現像した写真ってデジタルとはまた違う「味」が出るのでハマっています。
あとは、クリームソーダ巡りですね!!見た目にも可愛くて、レトロな雰囲気を感じられるので、大好きです。
色々なクリームソーダのお店を検索しては、「かわいい!」と思った所に足を運んでいます。

 

――10月は、配信ライブも計画されていますね!

武藤
はい、今のご時世なので、会場キャパを調整して、かつ配信も活用しながらの開催を予定しています。3月のライブは中止になってしまったので、今回ようやくお客さんに間近で観ていただけるのは、心強いですし私の力になります。配信でも行いますので、会場が遠くて観に来られない方にもぜひ楽しんでいただきたいです!どちらもフル活用して、10月のライブは成功させたいです!!

――武藤彩未さん、ありがとうございました!!!!

【武藤彩未さん情報】

新曲「マーマレード」配信中
https://ototoy.jp/_/default/p/594768

 

武藤彩未 New Release Live 〜オレンジ色の気持ち〜
2020.10.23(Fri) 渋谷WWWXにて開催決定!

■来場チケット申し込み
Twitter先行中:https://twitter.com/ayami_staff
9月2日(水)20時~9月13日(日)23時59分まで
※抽選にて、一人1枚まで

■Streaming+配信視聴券申し込み: https://eplus.jp/ayamimuto1023st/
9月2日(水)20時~10月31日(金)20時まで

HP:http://ayamimuto.com/
twitter:https://twitter.com/_mutoayami_
instagram:https://www.instagram.com/_mutoayami_/

 

 

 

 

 

 

【潘めぐみ・鈴木毬花・咲坂伊緒】豪華インタビュー★映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のベストオブ胸キュンシーンとは…

大人気少女コミック『ストロボ・エッジ』『アオハライド』に続く、ピュアとリアルを描く青春作品…

 

思い、思われ、ふり、ふられ』が、アニメーション&実写のW映画化!!

今回は、9月18日(金)に公開となるアニメーション映画から

 

 

 

山本朱里役

\♡潘めぐみ さん♡/

 

市原由奈役

\♡鈴木毬花 さん♡/

 

原作者

\♡咲坂伊緒 先生♡/

 

の三人にインタビューをさせていただきました!

 

潘さんと鈴木さんにはそれぞれヒロインとしての心境、そして咲坂先生からは本作を描かれた際の制作話などをお聞きした豪華インタビューとなっています。

 

さらに、ベストオブ胸キュンシーンも選んでいただきました…(*´꒳`*)

 

ぜひ最後まで読んでください!


※『思い、思われ、ふり、ふられ』を以下「ふりふら」と表記

◆作品について

 

――潘さんは朱里、鈴木さんは由奈を演じられてみて、改めてそれぞれどんな女の子だったと思いますか?

 

鈴木毬花(以下:鈴木)

『由奈は引っ込み思案な所もありますが、「決めた!」と思ったら突き進んでいける女の子だと思います。彼女は朱里ちゃんや理央君と出会うことでどんどん変わっていきます。演じた私から見ても成長していく由奈はすごい子だなと思いました。』

 

潘めぐみ(以下:潘)

『朱里は、コミュニケーション能力も高くスペックも高いけど不器用な所もあって…でも正直に気持ちは言えるけど、肝心なことは伝えられない子なんだなと思いました。』

 

 

 

――お二人は演じる上でどんなことを意識されましたか?

 

鈴木

『緊張しすぎてちゃんと出来ていたのか不安ですが、先程も言ったように、由奈はどんどん成長していくので、それをしっかり出せたらいいなと思っていました。』

 

『朱里のベースになるものってなんだろうと考えた時に、“自分以外の誰かを思っているからそうしない”というのがしっくりきました。誰かを常に思っていることがベースにある子なんだと思えたら、朱里ちゃんというイメージがスッと入ってきましたね。だから、演じる時にあざとくなってほしくない、良い子だから嫌われてほしくないという思いが強かったです。』

 

 

 

――確かに同性からの印象が良い女の子ですよね。「こういう女の子になりたい」というある種の憧れを抱きます。

 

『原作でも評価の高い彼女を演じることで、台無しにしてはいけないというプレッシャーを抱えて現場に持っていきました。

由奈の毬花ちゃんに支えられ、理央の(島崎)信長さんに引っ張ってもらいつつ、和臣君の(斎藤)壮馬君に身を預けて、そうやって周りから受け取っていって彼女の輪郭が出来た感じがあるので、掛け合う相手なくして朱里は出来なかったと思います。』

 

 

 

 

――キャラクターを描く時、咲坂先生はどういったところからインスピレーションを抱くのでしょうか?

 

咲坂伊緒(以下:咲坂)

『どんなお話でもそうなんですが、私の場合は、インスピレーションというより、自分の中のいろんな一面を一人ひとりのキャラクターに育て上げていきます。「こういうタイプの子を主人公に据えたい」と思ったら、自分の中のこっちの面を掘り下げて当てがうと化学反応があるかも…と思いながら。

今回(ふりふら)は、女の子二人が最初に出来上がりました。由奈は、とにかく成長させて一番かっこよくしてやる!くらいの気持ちで作っていたので、かっこよくなった由奈だったらどんな男の子でもゲットできると思って出来たのが理央。朱里はチャラついているように見えて、意外と和臣にいくんだ…と思わせたかったので和臣を真面目な男の子に作り上げたという感じです。

その中に、私の各一面が練り込まれています。』

 

 

 

――実際に映像の中であの四人が動いている、喋っているというのは率直にどう思われましたか?

 

咲坂

『パートひとつ分のアフレコ現場に参加させていただいた時に、声が入ることによって突然の立体感を感じられたのが衝撃的でした。

キャストが決まりましたとお知らせいただいて声を聞かせていただいた時も、朱里たちは最初から“こういう声だ!”という気がしたんです。本当に嬉しかったです。』

 

 

 

――朱里、由奈、理央、和臣の四人との楽しそうなシーンも多くありましたね。実際、アフレコ現場の雰囲気はどんな様子だったのでしょうか?

 

『和気藹々(わきあいあい)としていました。初対面の方が多かったのですが、みんな本当に由奈に接するかのごとく!(笑) 毬花ちゃんは自然とみんながそうしたくなるような要素を持っていて、きっと毬花ちゃんがいたからこうした心地のいい雰囲気になったんだろうなと思うことが多かったです。“真ん中”の存在ってすごく大事で、その真ん中次第で、周りも変わって行くのだなと今回のアフレコで感じました。』

 

鈴木

『初めてで緊張してしまって、一人で焦ってしまう時もあったのですが、皆さんが大丈夫だよって言ってくださり和ませていただきました。

その言葉や行動に心が救われて、収録ももっと頑張ろうと思えました。

後ろに先輩三人がいることで、程よい緊張と何より安心感がありました。』

 

 

 

――咲坂先生の描かれる作品には、実際にもこんなことがあったなと思う“リアルさ”とこんなことがあったらいいなと思う“理想”が描かれています。この描き分けは、何か意識されているのでしょうか?

 

咲坂

『「あったらいいな」ばかりを描いていても嘘くさくなってしまいますし、かといってリアリティのあるものばかりにしても物語の世界に入りきれないのかなと思っています。

フィクションと実際にこれだったらあるかなと思うことを織り混ぜることで、作品の世界と行き来しやすくなるようバランスを考えています。』

 

 

 

――本作も、理想のシチュエーションや胸キュンシーンがたくさんありました!皆さんの思う、「私のベストオブ胸キュンシーン」を教えてください。

 

『ベストオブ…!いっぱいありすぎて…!(笑)

朱里としては和臣君が「山本さん」と呼んでくれる一声が大好きで…。はじめは何気ない“由奈の友達”の「山本さん」が、だんだん彼のマイペースを崩していった必死な「山本さん!」になっていく“「山本さん」案件”がとても胸キュンです。どれを切り取ってもベストオブ胸キュンです!』

 

鈴木

『私のベストオブ胸キュンシーンは、理央君が由奈のほっぺに手を当てて「俺、こっち」って言いながらちょっと顔を上げさせるシーンです。キュンってして「あ…理央君…(*´꒳`*)」ってなりました(笑)あれを普通に出来ちゃう理央君が凄すぎます。』

 

咲坂

『自分で描いている時はそこまでキュンとはしないのですが、よく言われる胸キュンシーンは「ここは、読んでくださる方が喜ぶかな」と思いながら描いています。鈴木さんが挙げてくださった「俺、こっち」もそう思いながら描いたエピソードです。それが今回映像になっていますので、ぜひ皆さんにも注目してもらいたいなと思います。』

 

筆者

『とても胸キュンでした…。由奈ちゃんをフワッと優しく包み込むような綺麗な演出になっていたのも印象的です。』

 

咲坂

『原作でも読者さんにすごく気に入っていただけたシーンなので、それを大事に扱って描いていただけて嬉しいです。』

 

ちなみに潘さんは、恋愛以外の胸キュンとして、物語終盤にて朱里を探しに行く場面で描かれている由奈のモノローグもあげていました!

 

朱里のことを胸の中で語るシーンは、「由奈はこんなに朱里のことを思ってくれているんだ」とキュンとされたそうです(^^)

 

 

 

――『ふりふら』には恋愛や友情以外でも「家族」「きょうだい」「幼馴染み」など様々な関係性を描いたストーリーを見ることが出来ます。皆さんは本作から、こんな関係性が素敵だなと思ったところはありましたか?

 

『価値観も性格も違うけど一緒にいられて、ずっと友達でいようねってお互いが思っている関係ってとても素敵だなと思いました。

自分に無いものを持っている人ってとても憧れますし、且つ相手にとっても自分がそうだったら嬉しいですよね。朱里と由奈のようにお互いに見つめ直して切磋琢磨して成長していく関係は本当に憧れます。

恋愛面でいくと、和臣くんのように何気なく飾り気ない言葉を言ってくれる、その時に必要な言葉を言ってくれるのはありがたくて幸せな関係だと思いました。』

 

鈴木

『“幼なじみ“で“少女漫画”といえば、そこが恋仲になる関係性も好きだったのですが、由奈にとって和君(和臣)は、気兼ねなく何でも話せる相手で、そういう存在(幼なじみ)が近くにいるのは羨ましいなと思いました。

収録時も「理央君や朱里ちゃんには最初オドオドと話していたけど、和君とは何でも話せる間柄だからもっと崩しても良いんだよ」と言われていたので、それくらい由奈にとってはナチュラルな存在なんだと思いました。』

 

 

 

――こういった主人公たちの関係性について、咲坂先生はどんなことをポイントとしながら描かれているのでしょうか?

 

咲坂

『由奈と和臣の関係性については、幼なじみだからといって恋愛へ発展させなくても良いのではと考えていました。幼なじみと恋仲になる展開は多くあるので、読む人にとっては「この二人は恋愛に発展するのでは…?」と思っていただき、実はそうならないというのも面白いなと。

私の中では、由奈と和臣は「仲良しこよし」というよりも、ただ小さい時から一緒にいてスクスク育った仲。呼吸をするのに必要な空気のように、居るのが普通というくらい、あまり深い意味を持たせたくなかったんです。』

 

 

 

――良い意味で「幼なじみ=恋愛」という概念を裏切っていただきました!そんな二人にも、それぞれ朱里と理央との“運命の出会い”というのが訪れるわけですよね。皆さんは、今までに運命だと感じた人や物との出会いはありましたか?

 

『あります…!

まさに咲坂先生の作品は私の青春そのもので。この仕事を始める前から作品に出会っているんです。自分がこの仕事をして、こうして実際に咲坂先生とご一緒出来て、お話が出来るというだけでも「あの時、本屋さんで私と出会ってくれてありがとう!」という気持ちです。

好きなものに携わる身として還元できるというのは、本当に幸せなことなので、この仕事をしていて縁とか運命を感じるようになりました。

出会うべくして出会って今ここにいるんだなというのを実感します。』

 

咲坂

『告白された気分で嬉しいです…(笑)』

 

『告白!(笑)』

 

鈴木

『私も潘さんと同じです。咲坂先生の作品を本屋さんで見かけて、絵を見た瞬間面白そうと思って手に取ったのが「ストロボ・エッジ」でした。声優の仕事を目指して、こうして咲坂先生とお会い出来たことが本当に嬉しくて…!嬉しすぎて、普段あまりこういうことは言わないのですが咲坂先生に初めてお会いした時に「ストロボ・エッジの大ファンです!」とお声がけさせていただきました。もう本当に嬉しくて…。咲坂先生、こんなにお綺麗な方ですし。』

 

『二人目の告白!(笑)どっちを選ぶんだ…!?(笑)』

 

筆者

『咲坂先生、どうしますか…?二人の女性からアタックされていますが…(笑)』

 

咲坂

『どうしましょう…(笑)本気で迷っています(笑)

 

私の場合、運命的なこととただの偶然との区別がつかなくて、普段からあまり考えていないんです。偶然の重なりがあっての運命なのかなとか、考えすぎてよく分からなくなってしまってあまり記憶に残らないんです。』

 

『今日のことは必然だと思うので、覚えていてくださいね!(笑)』

 

咲坂

『しっかり覚えておきます(笑)』

 

 

 

 

◆最後に…

 

――EMMARY読者の女子中高生に恋のアドバイスをお願いします!

 

『思ったら伝えるべきです!

次に言おうって思っても次が来るかなんて分からないですし、学校だったら明日があるかもしれないですが、でも明日には彼女ができているかもしれない…。言わない後悔より言って後悔!後悔になるかも分かりませんし!好きな人だけでなく友達でも家族でも、伝えたいことはちゃんと伝えるべきだと思います。』

 

鈴木

『高校を卒業した今だからこそ、やっておけばよかったと思うことも多く、今でも戻りたいなと思うことが何度もあります。高校生でしか出来ないことはたくさんあるので、学校生活をしている方々は藩さんの言う通り、好きと思ったら迷わないで伝えてほしいなと思います。卒業して会えなくなったり、もしかしたら一生会えないかもしれないから、勇気を出して想いを伝えてください。』

 

咲坂

『実ってくれれば嬉しいですが、告白すると嫌な結果も出ちゃうというのも怖かったりしますよね。遠目で見ていることも楽しいので、それが出来なくなってしまいますし。

でもふられるのもひとつの経験だと思います。数年後「こんなふられ方しました」って語れたりもします。ふられることは決してマイナスではないので、自分の気持ちがあるのであれば相手に伝えるべきだと私も思います。』

 

 

 

潘めぐみさん

鈴木毬花さん

咲坂伊緒先生

ありがとうございました!

 

女子会のような雰囲気の中でのインタビューとなりました♡

 

4人が描く青春と恋の物語は、最後まで目が離せない展開となっています!

 

今恋をしている子もそうでない子も、オススメシーンに注目して、ぜひ劇場で“胸キュン”してください!

 

 

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』9月18日(金)に公開です。

 

C2020 アニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会

C)咲坂伊緒/集英社

 

■公式サイト

https://furifura-movie-animation.jp/

 

■公式Twitter

https://twitter.com/furifura_anime

 

■公式Instagram

https://www.instagram.com/furifura_anime/

【りんごちゃん】インタビュー🍎9/11公開『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』で声優初挑戦!

国民的大人気アニメ作品『クレヨンしんちゃん』!

 

主人公の野原しんのすけと個性豊かなキャラクターや感動的な物語を生み出してきた『映画クレヨンしんちゃん』シリーズは、多くの方に見られている作品でもあります!

 

 

そして、令和最初となる最新作のテーマは、

 

 “ラクガキ”…!!

 

 

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』



©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020

 

 

 

 

すでにドキドキとワクワク感満載のタイトルとなっています!

 

そして、今回EMMARYでは、本作で声優初挑戦となる注目のものまねタレント

 

\♡ りんごちゃん ♡/

にインタビューさせていただきました!

 

 

 

りんごちゃんは、なんと一人で三役!!

指導官リンゴイチゴメロン役を担当されました。

 

しんちゃんとの共演を果たしたりんごちゃんに、本作の見どころについてお話を伺いました!

 

 

それでは…スターティン☆

 

 

 

 

◆作品について

 

――声優初挑戦であり、さらには一人で三役を担当されたとのこと、おめでとうございます!

 

りんごちゃん

『そうなんです!ありがとうございます!』

 

 

 

――そして、ご自身が担当された指導官リンゴ・イチゴ・メロンを演じてみていかがでしたか?

 

りんごちゃん

クレヨンしんちゃん映画史上初の一人三役ということでとても嬉しかったです。最初は声を使い分ける為にいろんなイメージをしてたんです。一人は武田鉄矢さん風にしようかなとか考えていたのですが、実は三役それぞれの声を変えるといった感じではなく、シーンによって声質を変えたり、二人同時に喋るところはトーンを変えて叫んだりしました。注目して見ていただきたいです!』

 

 

 

――演じられた中でお気に入りのシーンはありますか?

 

りんごちゃん

『演じた部分は全部お気に入りです!実はリンゴ・イチゴ・メロンの三役以外にもいろいろモノマネを交えさせていただいたシーンもあるんです…!』

 

 

 

――そうなんですね!どこのシーンか教えてください!

 

りんごちゃん

『ある歌に合わせて歌っているシーンは、一通りモノマネをさせていただきました。いつもやっているモノマネをふんだんに使っていいよと監督さんから言われたので、そのシーンだけで合計六人の声を出しました(笑)指導官三人を入れたら、今回の映画で九人もの声を出したことになりますね!ぜひ、そのお歌のシーンをよく聞いて楽しんでいただけたら嬉しいです。』

 

 

 

――アフレコでは、初めての現場ということになったかと思いますが、アフレコ時の雰囲気はいかがでしたか?

 

りんごちゃん

ド新鮮でした!(笑)収録する部屋にぽつんと一人というのが初めてだったので、とても緊張しました。でもすぐ感情を掴んで楽しめるようになってきて、声優というお仕事も良いなと思いました。』

 

 

 

――京極監督からは何かアドバイスをいただきましたか?

 

りんごちゃん

『長いセリフだけではなく、「あ」とか「ゔっ」などのちょっとしたリアクションの一文字、二文字のセリフに対してもこだわっていらっしゃって、中々OKを出していただけなかったんですけど、感情の入れ方などを的確に教えてくださいました。
繰り返していくうちに、監督の作品への想いがすごく詰まっているんだと感じて、より作品が好きになりました!』

 

 

 

――監督のアドバイスを活かしつつ作品に挑まれた、新たなりんごちゃんを見ることができますね。

 

りんごちゃん

『そうですね!それと映画の中で「スターティン」をセリフとして言っているので、そこも注目してみてください。』

 

 

 

――本作で声優として“スターティン”したわけですが、りんごちゃんにとって『クレヨンしんちゃん』の魅力とは何でしょうか?

 

りんごちゃん

『一言で表すのが難しいですよね。国民的作品ですし、私の口から言うのは恐れ多いのですが、
でもその魅力といえば「絆」なのかなと思います!家族との絆でもあるし友達との絆でもあるし、本作でいったらミラクルクレヨンによって生み出されたラクガキ達との絆も描かれています。いくつになっても「絆」を忘れないでほしい、というのを私達に教えてくれるのが魅力であると思います。』

 

 

 

――「絆」をテーマにした作品は、女子高生の心にもグッとくるものがあるかと思います。JKにオススメの見どころはありますか。

 

りんごちゃん

“ラクガキ”をテーマにしている作品なので、カラフルな色合いが劇中にも出てくるんですけど、ポスターからも伝わる色鮮やかなファンタジー感は気に入ってくれるのではないかなと思います。
是非本編で見ていただきたいのが、しんちゃんが今回使うキーアイテム“ミラクルクレヨン”もキラキラしていて可愛いんです!色使いだったりはJKの皆さんが好きな感じだと思います。』

 

 

 

――「ラクガキは自由な気持ちから生まれるものだ」というのが印象的でした。大人になったらしがらみが多くて、自由な気持ちでいられなくなってしまうこともあるのかなと思います。りんごちゃん的アドバイスとして、学生のうちにしておくべきことなど何かありますか。

 

りんごちゃん

『そうですね…偉そうなことは言えないですが…(笑)色んな事に悩む時期だと思いますが、とことん悩んで考えてもいいと思います!私も学生だった時、浜崎あゆみさんのバラード曲を聴いてとことん人生について考えて、友達と遊ぶ時はとことん楽しんで学生生活を送っていました。「これをしといた方が良い」というのはないかもしれません。今の感情のまま学校生活を楽しんでください!』

 

 

 

 

◆最後に…

 

――登校やリモートで、新たな学校生活を始めた女子高生も多いですが、EMMARY読者の女子中高生にメッセージをお願いします!

 

りんごちゃん

『今きっと怖がらずに何事にも挑戦している皆さんだと思うので、もうそのままで明るく、笑顔でいたら良いことがきっとあると思います!「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」を新しい仲間と観に行って、新たな学校生活を“スターティン”してください♡』

 

りんごちゃん

ありがとうございました!!!

 

 

注目ポイントがたくさんあって、ますます映画の公開が楽しみです…♡

 

 

作品を彩るりんごちゃんの声色にも注目です!

 

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』
9/11(金)全国東宝系にて公開です!

 

 

 

※最新の情報は公式ホームページに掲載しますので、そちらをご確認ください

 

 

■公式サイト

https://www.shinchan-movie.com/

 

■公式Twitter

https://twitter.com/crayon_official

 

 

【実施レポート】チームシンデレラ 夏の思い出づくり♪「夏祭り」

たった3回しかないJKの夏・・・、
コロナでなかなか思い出づくり、難しかった人もいるんじゃないでしょうか😢
ZoomでのMTGを積極的に活用しているチームシンデレラもメンバーも例外ではありませんでした。

でも、何とか1個だけでも、思い出を増やしたい・・・!!
ということで、メンバー限定のささやかな夏祭りを行いました♪
1人ひとり検温して窓も開放して実施♡

スーパーボール掬いやフォトスポット等を制作♡
かき氷や駄菓子も用意!
今年の夏、インスタでも投稿が多かった、バブルガンも楽しみました♪





この日、今は普段あまり会えないチームシンデレラメンバーどうしも交流しました!
Emmaryの記事を書いているJKライターズと、JKプロデューサーズの交流はもちろん、
JKプロデューサーの、ジャパンユニット保健室ユニット、ベンチャーユニット、
JKさかなプロジェクト、アイドルプロデュースユニット・・・各メンバーが集まって近況報告をしたり、
JKハッカーズが開発したインスタエフェクトを楽しむ子もいたり、
先日情報解禁されたばかりの、チームシンデレラ発メンヘラ集団「メンヘラ牧場」のメンバーも遊びに来ました!













みんなの安全のために、大きなお祭りはできないけど、普段会えないメンバーとも交流できて、
メンバーの結束が深まったり、新しいことに興味がわいたり、とても有意義な時間でした・・・♡

いつか、たくさんのJKの皆さんともお会いできる日を、楽しみにしています♪


チームシンデレラ発!7人のメンヘラ集団「メンヘラ牧場」誕生!!

本日、チームシンデレラ異例!?の新プロジェクトがスタートしました!!


チームシンデレラプロデュース・・・
その名も「メンヘラ牧場」!!




実は、先日、小浜桃奈ちゃんのTikTokであがっていたのは、このメンバーたちでした!!

小浜桃奈ちゃんのTikTokはこちら

なかなか過激なネーミングですが・・・

「メンヘラ」というと、暗い・病んでいる・めんどくさい、という
イメージが持たれることが多いかもしれません・・・。
確かに、自己肯定感が低い子たちは多いかもしれませんし、
SNSが発達している今、JKたちは人間関係で色んな悩み・不満を抱えています。

でも、「メンヘラが全部いけない」とは思いません!
女の子のリアルな悩みの中に、もっと世の中を楽しくするヒントが眠っていると思うんです。

メンヘラ牧場は、悩める・不満がある女の子たちの気持ちに寄り添って、
「不満だけでは終わらせたくない!」という思いから結成しました。
世の中の女の子が、明るい気持ちになれるように立ち上がります★

今年7月、全国からメンヘラの女の子を募集した中から、
7名の「メンヘラ」がメンバーに!!!!
「女の子と世の中を明るくする」ために、世の中のことを学んだり、
社会をもっと良くすることにチャレンジをしたりと、幅広い活動をしていく中で、
JKたちの皆さんと一緒に成長しながら、共感し・応援してもらえる集団をめざします♪

【メンバーのインスタアカウントです!ぜひチェックしてね♪】

高校2年生 ももりん(リーダー)

高校3年生 あちゃん

中学3年生 ななみん

高校2年生 うーたん

高校2年生 ツキちゃん

高校3年生 まなめろ

高校1年生 ゆなちゃん


そして、気になるのが、なぜ「牧場」なの・・・?ということ・・・!!
そのナゾはそう遠くないうちに、明かされるハズ・・・!?

メンヘラ牧場の活動をYouTubeでお見せしていくので、
ぜひチャンネル登録をお願いします★
YouTubeでは、今までにない小浜桃奈ちゃんの姿が見られるかも・・・!?



YouTube動画は、毎週、月曜日・水曜日・金曜日に更新していく予定です♪

Emmaryでは、今後「メンヘラ牧場」のメンバーの詳しい紹介や、
「メンヘラ牧場」をプロデュースするJKメンバーについても
どんどん紹介していきますのでぜひチェックしてください!!



 

【小浜桃奈×足立佳奈】新曲「朝になったら削除します」インタビュー!

足立佳奈さんが、約半年ぶりとなる新曲「朝になったら削除します」831日に配信リリース!
先行公開されたYouTubeの映像では、「朝削除されるの!?」などと、話題になりました!!

そんな話題性抜群の足立佳奈さんに、今回は編集長見習いの「小浜桃奈」ちゃんと、
JKライターの「あずみん」がインタビューさせていただきました!



なんと足立佳奈さんは、桃奈ちゃんのインスタをずっと見てくれていたそう!!
桃奈ちゃんも、ずっと足立佳奈さんにずっとお会いしたかったとのことで、念願かなってのインタビューです!!



さっそく、スタートです♪♪♪

 

小浜桃奈(以下、小浜)
お会いできて、とてもうれしいです!さっそくですがよろしくお願いします!まず、新曲「朝になったら削除します」というタイトルがとても印象的でした。私たち中高生世代は多くの人が「ツイ消し」や「メッセージの削除」をしたことがあると思うので、とても共感しやすい内容になっていると思います。今回の曲は、どういう思いでつくられたのですか?

 

足立佳奈さん(以下、足立)
この曲は、心の距離が離れてしまった恋人に対して「気づいてほしい」という気持ちを歌っています。今までの私の曲だったら、最後は「きみと過ごせて幸せでした」といった、次への前向きなステップを踏んでいることが多いのですが、今回は、心の中にモヤモヤしたものを残したまま、「恋が終わっていない」と信じている、もどかしい、もっと言えばある種ネガティブな要素を意識しました。タイトルにもなっている「朝になったら削除します」というフレーズは、SNSの「送信取り消し」や「24時間で消える」といったことも連想されるようになっています。そういう意味では、桃奈ちゃんが言ってくださったように、中高生世代の皆さんに、共感してもらえたら嬉しいです。

 

小浜
歌詞の裏側に、「一途に私を思って」という想いがあるのが、すごく伝わります。特にここを聴いてほしい、というポイントはありますか?

 

足立
「朝になったら削除します」のフレーズが出てくるたびに、「何を削除するのか」が、変わっていくんです。カメラロール・SNS・メッセージ・・・「朝になったらコレを消しちゃうんだよ」というのが具体的に書かれているので、「次は何を消すんだろう?」と想像しながら聴いてほしいです。


あずみん
恋愛って、なかなか言葉にしづらい、自分の心の中にある「モヤモヤ」としたものだと思うのですが、言葉にする上で大切にされていることはありますか?

 

足立
「わかりやすいこと」
です。ちょっと考えさせるような、小説のような書き方も素敵だと思うのですが、私の場合は、できるだけストレートな言葉選びをして、すぐに頭に入ることを意識しています。小学生の頃から、私は、相手に何かを伝えたい時、手紙を書くよりも、歌ったほうが、スッキリしたんです。相手に対して「歌う」ことで、物事を解決していくことが多かったですね。だから、相手に伝わりやすい歌詞が好きなのだと思います。

 

小浜
確かに、私たちの心の中をそのまま表現しているかのような曲が多いと思います。それだけに、直感を大事にされているのかなと思うのですが、「朝になったら削除します」の歌詞は、インスピレーションで浮かんだものを書いたのでしょうか?それとも練りこんで考えられたのでしょうか?

 

足立
色々なパターンがあるのですが、実は、今回に関しては、ひとつひとつのフレーズに至るまで、スタッフの方々と何時間も話し合って練りこんだパターンです。

 

小浜
そうだったんですね!いい意味で「つくられている感」がない、と思っていたので、驚きました。どんなことを意識されたんですか?

 

足立
「わかりやすい」=「まっすぐ」ではない時があると思っていて、たとえば、「好きです」というまっすぐな言葉もいいけれど、「朝になったら削除します」という言葉の方が、「気づいてよ」というもどかしい思いを、かえってストレートに伝えやすいのだと思います。それがリアルな感じを出したのかもしれません。同じようなことはジャケでも表現したくて、女の子は、いつもメイクしたり髪をといたりして、外見をキレイにしているけれど、内面は泣きたいとき、怒りたいときもあるんだよ、そういう「裏表」を大切にしました。

あずみん
MVも印象的でした。足立佳奈さんからは、演技している、というよりは、自然な表情が伝わってきました。MV撮影では、どんなことを意識されていますか?

 

足立
私は「演技しすぎない」ようにしています。結局は、自分から出てきたものを表現することが大事だから。MVでは、こうしよう、ではなく、「もし、私がこの場所で恋をしていたらどうなんだろう?」などと想像することを大事にしています。

 

小浜
新曲についてとてもいいお話を伺えました。ありがとうございます。足立佳奈さん自身についてお伺いしたいのですが、私たち女子中高生は、これからの人生を生きていく中で、きっと友達や恋愛に悩むことがたくさんあると思います。足立佳奈さんから応援メッセージをいただけますか?

 

足立
私がアドバイスできるような立場にはないですが、もし1つだけ言うとしたら、「無理しないで」。私の経験ですが、「良く見られよう」として、自分をつくりすぎちゃうと、すごくつらくなっちゃうんです。実際、デビュー当時の私は、ずっとニコニコ笑っていたんですけど、時には、「人間らしさがない」「悲しい顔しないんだ」「いい人どまり」と思われることもあったかもしれません。時には、泣いたり怒ったりすることも、大事な時があると気づかされましたね。


小浜
突然なのですが、気になるので伺いたいです。自分らしく生き抜いていく「術(すべ)」は、ありますか?

 

足立
時には、「頼る」ことも大事だと思います。自分だけで何でもしようと思うと、キャパオーバーになってしまって、自分らしさを見失うことがあると思います。適度に周囲に助けてもらいながら、「快適さ」を保つことも、自分らしくいるための秘訣だと、私は思います。

 

小浜
最後にお聞きしたいです。今、私が17歳で、足立佳奈さんがデビューされたのも17歳だと思うのですが、私を含めて多くの女子高生が、自分はどんな大人になるんだろう、と気になっていると思います。足立佳奈さんは、この3年で、どんな変化があったと思いますか?

 

足立

昔は「一生懸命、笑顔を届けたい」と思っていたけれど、年齢を重ねるごとに、もっと「正直な気持ちを伝えたい」とか、応援ソングでも、「陰のある応援ソング」を歌いたいと思うようになりましたね。でも、みなさんは、先のことを考えて無理せず、今の自分の気持ちに正直でいて、大丈夫ですよ。自分の根本的な部分は何歳になっても、きっと変わらないし、これから先、色んな人と出会う中で、たくさんのことに気づけるんだと思います。
あと、桃奈ちゃんとあずみんちゃん、お二人の取材してくださっている姿を見て、「人の目を見て話せる」って、すごいなと思います。私は人の目もまともに見られないような高校生でした。お二人は、私の目を見て話してくださっていて、それが嬉しくて・・・。ありがとうございます。今、皆さんが持っている、良い所を、ひとつひとつ大事にしていってほしいです。

 

小浜
そう言っていただき、本当に嬉しいです!貴重なお時間、ありがとうございました!!

 

【新曲情報】

「朝になったら削除します」配信はこちら
■配信ライブ
8月30日に行われた配信ライブは現在、見逃し配信にてお楽しみ頂けます。
足立佳奈 「3rd Anniversary Streaming Live " with Love "」
■チケット販売期間: 2020年9月5日(土)12:00まで
■見逃し配信期間:2020年9月5日(土)23:59まで
<チケット購入先> https://fc.adachikana.com/6517272602/ (Stagecrowd)

 

【Rude-αインタビュー】新曲「真夏の女神」&初エッセイ「何者でもない僕たちに光を」の魅力に迫る!

 

せっかくの夏休みなのに、コロナで憂鬱になりがち・・・そんなJK、いますよね!?
そんな憂鬱な気分を吹き飛ばし、今年の夏を最高に盛り上げてくれるのは、この男かもしれない!!??

JKみんなに注目してほしい熱い熱いアーティスト「Rude-α」さん!!
8月12日(水)にメジャーデビュー後6枚目のシングル「真夏の女神」リリースが決定!!

そして、8月26日(水)に初のエッセイ「何者でもない僕たちに光を」を出版!!

さらに!!!9月30日(水)には無観客配信ライブの開催を発表するなど、
次々とアクションを起こしています!!

この夏、動きまくる!お祭り男!?のRude-αさんEmmaryがインタビューさせていただきました☆
ニューシングルの魅力から、エッセイに関する熱い話まで、たくさんメッセージをくれました!!

それではお楽しみ下さい~♪

 

――新曲「真夏の女神」はどんな内容になっていますか?

Rude-αさん(以下、Rude-α)
わかりやすくて中毒性のある感じを出したいと思って作った曲です。「人の耳に残るもの」をつくりたいなと思いました。
聴いた人が「これ何?」って感じるくらいのインパクトある曲が長く愛されると思っていて、聴いた瞬間の「違和感」を持たせたかった。日常の中で話題になったり、ネタにされたり、そうやってループされていくことで、だんだん好きになっていく所まで到達できたら、めっちゃ嬉しいです。

 

――曲の中で、特に気に入っているポイントはどこですか?

Rude-α
韻を踏む場所も、普通は踏まないといけない所とズラすことで、あえて違和感を出しています。そういう曲こそ、10年経っても思い返されるに違いないと確信しています。

 

――どこか懐かしい感じもしますね。

Rude-α
そうですね、音楽好きの年上の男の人にも聴いてほしいなと思っています。女子高生とお父さん層に刺していきたいですね。あと、大人の女性には僕のインタビューを読んでもらって、「かわいいな」と思ってほしいし(笑)、少年には「こんなかっこいい人になりたいな」と思ってほしい。そういう意味では、僕の曲は、国民全員に投げています!!


 

――「真夏の女神」を通じて、女子高生に伝えたいことは?

Rude-α
女子高生には、SNSとかでネタにしてもらって、バズらせてほしいです!!

 

――自粛期間は何をしていましたか?

Rude-α
普段よりもゆっくりと過ごしていました。そんな時に、ふと疑問に思うことや気になったことをスマホで調べたりしていましたね。シリアスなことから、くだらないことまで。それが音楽につながるかと聞かれたら、つながらないかな。でも、知らないことを知るのは、人生において大事だと思うんですよ。人は、世の中に転がっていることすべてを知ることはできないけど、僕は、死ぬまでに一つでも多くのことを知っていきたいですね。

 

――コロナで自粛期間は大変なことも多かったですが、その中で、女子高生に伝えたいことはありますか?

Rude-α
コロナの期間で色々なことができなくなったりして、みんな大変な思いをしているわけですけど、その中であえて「テキトーでいる」ことも大切だと思います。あまり落ち込みんで塞ぎこむんじゃなくて、少しでも気持ちを楽にしてほしいですね。僕自身も、ツアーが中止になったりして、落ち込んだこともありますけど、こうしたきっかけによって気づけることもあるし、ポジティブに考え方を変えたりすることもできる。外で踊れないなら、家で踊ればいいさ!!っていうくらいの気持ちでいてほしいですね。
あと、みなさんに言いたいのは、今年は僕が花火になる!!ってことです!!

 

――配信ライブを9月に予定されていますが、内容や意気込みを教えてください。

Rude-α
画面の中ではありますけど、楽しみにしてくれていた皆さんに会えたらいいなと思います。初めてのチャレンジなので、一つひとつ、失敗と成功を繰り返しながら、パワーアップしていきたいですね。ファンの皆さんも新しい挑戦を一緒に楽しんでほしいと思います。あと、家にいてパソコンでライブが観られるって、よくないですか?俺は一生懸命やりますけど、みんなは家でのんびりしながら見てほしいですね!!

 

――そして、今度、初のエッセイ本「何者でもない僕たちに光を」を出されるということですが、どのような内容になっているのですか?

Rude-α
この本は、自分の半生を通じて、音楽のこと、人間関係のこと等をまとめた本になっています。その中で僕が言っていることが正解ではないと思うし、僕と同じように行動した方がいいっていうわけでもないんですが、この本を読んだ人が、「このくらい楽な考え方でいいんだな」って思ってほしいです。特に高校生に伝えたいのは、「夢を持つこと」はとても素敵なことだと思いますが、別に「夢を持っているから偉い」わけではないということ。みんなが落ち込んでいる時にも、寄り添えるような作品を意識しています。

 

――女子高校生におススメするならどんなポイントですか?

Rude-α
僕は、日本の教育では「夢を持ちましょう」ということを押し付けすぎているんじゃないか?と疑問を持つことがあります。ある日突然、学校から第1や第2志望を書かされたり・・・、それだけが本当に大事なことなの?と思うことがあります。そういう教育だと、夢を持てない子は、自分を責めちゃう。そういう子たちに僕は言いたいんです。「きみたちは真っ白な紙だ」と。今からいくらでも描けるんだと言いたい。「空っぽ」かもしれないけど、「空っぽ」がいかに素晴らしいことか、自分の可能性は無限大だと、自信を持ってほしい。落ちこぼれなんて、僕なら1mmも耳傾けないですね。他人の夢に口を出すような奴は相手にしなければいい。
そして、もうひとつ思うのは、一番は夢を持つことじゃなくて、「人に対して優しく」あること。今すぐに夢が見つからなくたって、友達と、家族と楽しく過ごせたら、それは本当に幸せなことですよ。その中でだって、いつか夢は見つかってくると思う。その時に全力で夢に向かって生きればいいと思います。落ちこぼれなんていないですよ。みんな生まれてきただけで凄いですよ。

 

――Rude-αさんみたいな学校の先生がいたら素敵ですね。

Rude-α
最近思っているんですよ、セカンドライフは教師になりたいなって。講演とかもやっていきたいと思うんですけど、いつかは、自分の街の子供たちのお手本になりたいんですよ。僕は勉強を教える教師じゃないですけど、いつかは、そういう存在になりたいですね。

 

 

――ありがとうございました!!

 

曲に、生き方に、魅力がたくさん詰まったRude-αさん!今年彼が打ち上げる「花火」に期待です!新曲も、ライブも、エッセイ本も楽しみですね!!将来に悩む女子高生はぜひこの夏、Rude-αさんの魅力に触れてみてください!!

 

「真夏の女神」MV

 

 

『何者でもない僕たちに光を』

著者:Rude-α 発売元:㈱KADOKAWA
定価(本体1,200円+税) 発売日:2020826日 
判型:四六判  ページ数:192  ISBN978-4-04-896784-6

「何者でもない僕たちに光を」 販売サイト

https://www.amazon.co.jp/dp/4048967843

 

夏の大注目映画『思い、思われ、ふり、ふられ』大注目女優!福本莉子さんインタビュー♥

8月14日(金)公開の大注目映画!!
全国のJKが共感すること間違いなし♪この夏もっと切ないラブストーリー!伝説的人気少女コミック『思い、思われ、ふり、ふられ』が映画化決定!
映画『君の膵臓をたべたい』で大ブレイクを遂げた、浜辺美波さん北村匠海さんのカップルが再び共演!!!!そして、第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞し、次世代のシンデレラとして最注目若手女優の福本莉子さん、仮面ライダー出身でブレイク必至の赤楚衛二さんの4人が主役という、超豪華な顔ぶれなんです・・・♪さらに主題歌には、なんと!!JKからはもちろん幅広い世代から絶大な支持を得るOfficial髭男dismさん!!豪華すぎますよね・・・!?

もはやこの時点で観るしかないッ・・・♡とおススメできちゃう本作から、自分に自信がなく、恋に消極的な女の子『由奈』役を演じる、『福本莉子』さんにEmmaryがインタビューしてきました♪JKへのメッセージをもらってきましたよ☆彡ぜひお楽しみください♥


【読者プレゼントあり!最後まで読んでね★】

ーー本作は高校生4人が主役の物語ですが、高校生を演じる際に意識したことは何ですか?

福本莉子さん(以下、福本)
撮影した当時は高校卒業後すぐだったので、自然に演じられました。何なら、自分もまだ高校生だと思っているような状況でしたね。女子高だったので、共学を楽しむ気持ちで臨みました(笑)。

 

ーー女子高校生に伝えたい本作の見どころは何でしょうか?

福本
『思い、思われ、ふり、ふられ』は、もちろん、ラブストーリーとして胸きゅんシーンもあるのですが、それ以上に4人それぞれが抱えている家庭の悩みや、将来への不安が繊細に描かれています。高校生ならではの、リアルな悩みが詰め込まれていて、多分誰が見ても4人のうちの誰かに共感できると思いますし、応援したくなる作品になっていると思います。役として観ていただきたいのは、私が演じる『由奈』の成長ですね。


ーーその『由奈』に関して、女子高校生にぜひ見てほしいシーンはありますか?

福本
由奈にとって大事なシーンが、高架下で理央くんに告白するシーンです。理央くんにふられるとわかっていて告白するという、つらいシーンなんです。
告白するって、人生で何度も経験する事ではないと思いますし、特に、由奈のようにふられるとわかっていながら告白するって、並々ならない覚悟や勇気が必要だと思うんです。でも、普段うつむきがちで人見知りな由奈の、実は誰よりも芯が強いという、彼女の魅力が詰まったシーンだと思うのでぜひ注目していただきたいです。


ーー由奈が朱里と過ごす中で変化していったり、理央への告白を機に成長していく姿などは見どころですね。

福本
主役となる4人は、それぞれタイプが違うキャラクターと思うんですが、出会いをきっかけに成長していくのは面白いですね。普段生活していて、自分と違う価値観の人があらわれると、「えっ」と思うところもあると思いますけど、接していくうちに、自分にないものを持っている人は、自分にとってプラスになるし、「合わないな・・・」と思う人との交流こそ、刺激的で楽しいと思いますね。そういう視点で作品を観ても面白いんじゃないかと思います。

 

ーー福本さんはどんな高校生でしたか?

福本
高校生になってこの仕事をやらせていただいて、仕事と学業の両立が始まったのですが、学校生活は自分の中でも唯一「ホッとできる場所」でした。授業を受けて、友達と他愛もない話をして笑って・・・というように、平日は普通の女子高校生として生活していました。友達は、普通に接してくれていたので、すごくありがたいと思います。高校時代の友達って、一生の仲間だと思いますね。


ーーありがとうございます。読者のJKにも高校時代を大切にしてほしいですね。ところで、この記事はJKが読むので、最近の「JK語」にちなんで、福本さんの「●●しか勝たん」が何かを聞きたいのですが?

福本
かたん・・・?

ああ!「何々しか勝たない~、最高!」っていうやつですね!わかりますよ!

なんだろう・・・・。私の癒し時間は『お風呂しか勝たん』ですね。ずっと気に入っている入浴剤があって、地方ロケに行かせていただく時も持ち歩いているんですが、最近はそれにプラスして、ヒノキの丸太みたいなものを持っています。お風呂に入れるとヒノキ風呂みたいな香りになって、今はそれにハマっています。あとは、シャワー浴びている時に、一番頭が働くと思っていて、考え事をするのには、とってもいい時間です。


ーー最後に、あらためて本作の魅力を女子高生に伝えてください。

福本
私には姉がいるんですが、先日、姉と話していて、「大人になると、がむしゃらに一つのことしか考えられない」ってできなくなるし、大人はどうしても色々なことを考えて、ブレーキをかけちゃうというか。。。。。
そうしたブレーキがないことって、高校時代ならではだと思っています。そういう必死さや、キラキラした瞬間を、ぜひ観ていただきたいと思います。それぞれ色々なものを抱えている4人が、誰かを想い、傷つけ、自分も傷ついてしまう・・・その中で、もがきながら全力で走って成長していく姿を観てほしいです。




ーー福本莉子さん、ありがとうございました!!

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は、8月14日(金)公開予定!
福本莉子さん演じる『由奈』にもぜひ注目して観てください♪

【作品情報】
https://furifura-movie.jp/

【映画公式インスタグラム】
https://www.instagram.com/furifura_movie/

【映画公式ツイッター】
https://twitter.com/furifura_movie

【Emmary読者プレゼント】
抽選で1名様に福本莉子さんのサイン入り色紙をプレゼント!
EmmaryのTwitterアカウントからこの記事を
「いいね」または「RT」してくれた人の中から抽選で1名様にプレゼントいたします!!
【お申込期限】8月31日(月)21:00まで